トップへ

2020.10.22 / シラガユカ すっきり暮らす収納

朝晩はすっかり肌寒くなりました。まさに衣替えの季節ですね。
とは言え、意外と行事の多い10月‥。暮らしに合った収納スタイルを見つけて、面倒な衣替えも効率的に行いましょう♫
まずは主な収納スタイルをご紹介します。
 

奥行のある押入

【押入】
日本家屋で昔から設置されている収納です。
サイズが決まっていることが多く、寝具を収納するよう設計されているため奥行があることが特徴です。
奥行きを活かして作業机として活用したり、奥と手前で季節の衣類を仕分けたり‥と活用方法は様々。
サイズが決まっているので、収納ケースを買い足しやすいのがメリット。

 

奥行きの浅いクローゼットとWIC
【ウォークインクローゼット(WIC)】
ハンガーにかけて収納するスタイルなので、衣類をたたむ手間がかかりません。
収納できるスペースが広く湿気が溜まりにくいのが利点です。
通り抜けられるWICを「ウォークスルークローゼット」と呼び、どの部屋を繋ぐのか‥バリエーションは様々です。
2方向の入口があるので、通風も可能になり湿気対策にもなりますね!
 
【クローゼット】
洋室に一般的に設置される収納の一つ。
奥行きは服の幅に合わせたものが多いようで、一目で中の状態を把握できるのがメリットです。
ハンガーを薄いタイプのものに統一するだけで、とてもスッキリします。

 

この3つ収納を一部屋に納めた施工事例を紹介します。
それぞれのメリットを活かして必要なモノをすっきり納められる一部屋。まさに「ミニマルに暮らす家」です。

 
 
〇10月のひとこと。
日が暮れるのがすっかり早くなりましたね。
照明を点けておく時間が長くなる季節の始まりです。
家庭で消費する電力の約16%を占める照明器具。
光熱費が削減できるこの季節にLED電球に替えてみるのは如何でしょう?
最近のLED電球は進化していて、色合いも白熱電球に近く、光の広がり方も5~6年前は下方向のみだったのが今は全方向タイプも。
フィラメント電球のようなデザインのLED電球もあり、ノスタルジックな雰囲気でオシャレです♫ 天井や壁が照らされると、部屋全体が明るくなります。
寿命も長く、光熱費も下げられるLED電球はオススメですよ。
 
衣替えの季節は、掃除のチャンスです!
衣替えと併せて、押入やクローゼットの掃除もしちゃいましょう!
年末に不用品を出すより、ごみ収集日に余裕をもって出せるので安心ですね♫
エアコンも使用していない今が掃除のチャンスです!
冬の稼働に向けて、夏の汚れを落としておきましょう。
掃除をしておくことで、エアコンの効きもよくなり消費電力の削減にもつながります。
まさに省エネでお得な冬を迎える準備期間ですね!