2018.11.21 / シラガユカ 地鎮祭

こんにちは。企画広報のシラガユカです

突然ですが、地鎮祭に「神式」「仏式」があることご存知ですか

ご縁があって、ネクサスアーキテクトがお寺のお堂建立に携わることになったのですが

 

地鎮祭って‥
神主さんがするの‥?
え??神様と仏様ごちゃまぜ??

 

‥アリなの

 

なーんて思っていたのですが、
ちゃんと仏式の地鎮祭があるんです
知らなかったー

 

そうなると、やっぱり違いが気になる私
調べてみました

 

神式
「土地の神様に敬意をはらい、使用の許しを得て、工事の安全と生活の平安を祈願する」

 

 

仏式
「家を建てられることをお互いに祝福し、喜びを御仏に感謝し、
工事の安全と良い建築物を完成させることを仏前に誓う」

 

 

なるほど
確かに少し意味合いが異なるけれど、

工事の安全とその後の暮らしが豊かになるように‥

って気持ちは同じなんですね

 

ちなみに、一般の住宅でも仏式の地鎮祭を行うことは出来るそうです
特に懇意にしているお寺がある場合など、施主様のご要望があれば可能なようです
神式・仏式どちらにせよ、気持ちが一番落ち着く方法が選べるってステキなことですよね

 

 

最近、仏式・神式の両者の地鎮祭を執り行った弊社ですが
どちらの地鎮祭でも、参加された皆さまの朗らかな笑顔が印象的でした

 

 

耐震構法SE構法 × パッシブデザイン

自然の光と風を味方につけて ゆるりと暮らそう