トップへ

2019.09.16 / シラガユカ 光冷暖で叶えるストレスフリーな空間

光冷暖
今回は復興改修工事をさせていただいたN様邸のご紹介です。
施主様の切望により、福岡”光”探訪記 おうちコラム vol.35にあった「光冷暖」という新発想の暖冷房設備を導入しております。
音も無い。風もない。暑くも寒くもない。
そんなストレスフリーな空間を創り上げる光冷暖。
設備自体が大きくインパクトがあるので、それをどう居住空間と共存させるか、弊社としても初めて施工するので気が引き締まります!
見た目のカッコ良さも大切ですよね!
「光冷暖」の性能を最大限に発揮するためには、高い気密性能・断熱性能が欠かせません。
今回はリフォームということもあり、現状で可能な限りの工夫をしています。
まさに最適解を求めています!

 

N様邸
性能を左右する部分としては、熱量の入出量が最も大きい「窓」の性能改善と、光冷暖の性能を引き出すセラミック入りの漆喰を壁と天井に施工しました。
遠赤外線を利用して家全体を共振・共鳴させることで性能を発揮するため、欠かせない施工です。
個人的な感想ですが・・壁や天井を「塗り」にした場合、昼の自然光や夜の照明が優しく反射するので、ナチュラルな雰囲気がお好きな方には「塗り」オススメです!
N様邸では、1階にラジエーターを2ヶ所(LDK・和室)、2階にも2ヶ所(廊下×2)に設置しました。
どこに設置するのが効率的にも暮らし的にも最適なのか・・視覚的な違和感は無いか・・とことん検討します。
和室にラジエーターをせっちしている例がほとんど無いため、社長である中藤の大工経験をフル活用した工夫を盛り込んでいます。
詳しくは次回でご紹介する予定なので、お楽しみに!!

 
 

〇9月のひとこと。
萩・桔梗・葛・撫子・尾花(すすき)・女郎花(おみなえし)・藤袴。秋の七草が未だに覚えられない私です‥。
話は変わりますが、ホームページのリニューアルに合わせて、ネクサス通信の表紙も装いを新たにしました!
ネクサスアーキテクトが創る「住まい」とイメージがようやく一致してきました。笑
ホームページにもコンセプトページが追加され、より分かりやすく内容がまとめられているので、是非ご覧くださいね!(スタッフ梅田が頑張りました!)
 
さて、今年の中秋の名月は9月13日(金)ですね。(13日の金曜日・・笑)台所に立つと「お手伝いするー♫」と言い始めた子供たちと今年は白玉団子くらいなら一緒に作れるかな?
キレイな月を見ながらお団子食べたい・・。
ちなみに翌日の14日(土)が満月で、「今年最も小さく見える満月」なのだそうですよ。
月の軌道も楕円形をしているため、地球と月の距離が一定ではないんですね。
 
さて、ご紹介したN様邸。ラジエーターの濃茶がオトナな雰囲気でステキですね!
作動音が無い光冷暖、音に敏感な方にもオススメかもしれませんね!
他にもN様こだわりの部分がステキなんですよ♫
ご紹介するのが楽しみですっ!