トップへ

2018.09.14 / シラガユカ お客様の声、SEパッシブで暮らす夏:倉敷市

ネクサスアーキテクトが自信を持ってお届けする住まい
 
「耐震構法SE構法」×「パッシブデザイン」
 
実際に暮らしはじめたお客様に夏の評価書をお届けすると同時に、住み心地のご意見を伺いにお邪魔させていただきました。

 

まず、最初に感じたことは「キレイに片付いている」こと。引渡し時と比較しても大差ありません!
奥様が「物を置くのがあまり好きではない」とおっしゃっていましたが・・小さなお子様がいるとは思えないほどスッキリしていました!!
ふとした場所に置かれた観葉植物がとてもステキ♫
 
次に私が気になるのは「酷暑」と言われたこの夏の住み心地です。
賃貸に住まわれてた頃はエアコンの設置温度は25℃。
今年は28℃で涼しく過ごせました♫とのこと!
エアコンをONにしている時間も減ったそうです。
ヒートショックが起こりやすい脱衣室との温度差も無かったそうです。(冬場の温度差も聞いてみたいトコロですね!)
2階についても、窓(天窓を含む)を開けていると、風が通るためか31℃でも体感的には涼しく感じるそう。
西日対策のウォールもしっかり機能しているようで「暑~い・・」とは思わないそうです。
2階の熱ごもりなし!羨ましい限りです!(BYシラガ)
 
「温度・湿度」を見る生活はどう?という質問に対しては、活き活きとした表情で答えて下さいました!
気温をすごく意識するようになったそうです。
自分達家族の快適に過ごせる気温の目安ができ、目安が出来たことで工夫をするようになったとのこと。
オススメする前に実践されてましたー!!凄!
 

親戚の方やお友達が遊びに来た際には「建売って聞いてたのに想像と違うー!」「雑誌に載ってる家みたい!!」と驚かれるそうです。
建てる側の仕事をされている方からは「こだわってるね!」「良い材を使ってる!」とお褒めの言葉をいただいているとか。(でしょー!!って叫びたい。)
今回は(株)NCNの大阪支店長である中川さんも同行していたので、さらに詳しいコダワリが浮き彫りとなりました。(角のアールの違いとか超マニアック!しかも壁紙めっちゃキレイに貼ってある・・etc)
仕事柄、建物を見る機会が多い中川さんから見ても、随所にコダワリが織り込まれ、それを実現している職人さんの実力を感じられる住まいだったようです。
夏の評価訪問2

 

ダイニングテーブルと一体になったキッチンは奥様のお墨付き!
トビラで隠せるキッチン収納も使い勝手抜群だそうです♫

 

取材をしていて印象に残った言葉がこちら。
「注文住宅」を選択していたらココまでの家は建てられていないと思う。打ち合わせなどでもっともっと時間がかかっただろうし、ここまでの仕様を自分達が求められたとは思えない。
「SE構法×パッシブデザイン」の考えにも共感でき、安心で快適かつONLY ONEなところが良い。

 

ローコスト住宅や普通の建売と比べてしまうと決して安くはないけれど、内装・外観・外構どれもパッと見から全然違う。実際に暮らしてみて感じた住み心地や機能を考えると価格も納得!
 
「キレイに使おう」と自然に思える住まいです。
 
そう笑顔で答えて下さったY様ご家族。
お言葉通り、キレイにステキな暮らしをゆるりと重ねていらっしゃる印象でした。