トップへ

2018.03.15 / シラガユカ N様邸

可動ルーバー雨戸を設置
先月のブログで耐震改修工事の紹介をさせていただいたN様邸。
パッシブ的な改修も行いましたので、ご紹介します
 
01:可動ルーバー雨戸を設置!
最近では雨戸の無い家も多くなっているようですが、この雨戸は上部がブラインドのように開閉できるようになっていて、角度を調節することで雨戸を閉めたまま通風・採光が可能なんです。
さらに目隠しや日射遮へいも出来る!優れモノ!!
外付けブラインド_FUNAOモデル
02:外付けブラインド(FUNAOモデル)※参考写真
夏の日除け(日射遮へい)は外でしよう♪
N様邸の雨戸も外で日除けしてくれます!
可動部_上部_CLOSE
03:可動部(上部)CLOSE
可動部を閉めると、従来の雨戸と同様しっかりと雨風を防いでくれそうです。
この雨戸は上下2か所に錠があり、固定部(下部分)を設けることで外部から錠に手が届きにくくなっているそうです。
可動部_OPEN
04:可動部 OPEN!
これは・・雨戸イイ!って思わず言いたくなりました。カッコイイ♪
関東在住の友人の話では、普段から雨戸を活用するのが当たり前だそうです。
夜間だけでなく夏の暑さ対策としても活用してるのだとか、雨戸って強風雨対策だけじゃないんですね♪

 
 
〇3月のひとこと。
3月の別名、弥生(やよい)は「弥=いよいよ」「生=生き茂る」という意味があり、草木がいよいよ生い茂る季節だそうです。
その名の通り、寒さの和らぎを感じられる日が増え、固く閉じていた蕾も少しずつ膨らんできているのを見かけるようになりました。
もうすぐ春ですね♫太陽が真東から昇って真西に沈む春分の日(3/21)でほぼ昼と夜が同じ長さになります。
これからはどんどん陽がながくなりますね!
サクラサクの記事のように志望した進路に進む人・残念ながら意図せぬ進路に進む人、様々だと思います。
でも一番大切なのは、そこで「何をするか」だと強く感じています。
目的意識をもって取り組んでいると、思いがけないところで自分にとって特別になる「何か」と出会うこともありますよね!
オトナになって強く感じるこの思いを、子供達にうまく伝えていけたらいいなぁと思う、今日この頃です

 

さて、ご好評いただいていたFUNAOモデルに嬉しいお知らせが続いて届きました。
ご来場いただいたお客様からお手紙をいただいたことから始まって、BELSの5つ星(最高等級)取得、そして・・NWSE(networkSE)という雑誌に掲載されることに!!
耐震構法SE構法の供給元であるNCNが発行している雑誌でして・・
つまり全国にあるSE構法の建物の中でも、供給元が紹介して良いレベルの出来栄えってことです!(よね?)
NWSEがこれまたカッコイイんですっ!
写真も記事もレイアウトも♡♡
取材当日、ド緊張で無口になる私でした・・。
写真だけはひたすら撮りましたよー!
取材中の雑誌もとても興味深いものでした。
詳しくは今後のホームページで紹介しようと企画中です♪お楽しみ!