トップへ

2017.07.20 / YABE カーテン選び

少し前、我が家の窓にカーテンを付けるか、ブラインドにするかで色々悩んでいました。
日曜日にお店に行ってみると、カーテンやブラインド以外にも色々あって、余計迷うことに・・・( ̄▽ ̄;)
今回わたしが選んだポイントを知ってもらって、みなさんの選ぶ参考にしていただけたらと思います。
 
さて、そもそもどんな種類があるの?
みなさんも知っているカーテン・ブラインド・ロールスクリーン以外にも、こんな物があります。
 

縦型ブラインド
縦型ブラインド
プリーツスクリーン
プリーツスクリーン
ハニカムスクリーン
ハニカムスクリーン
シェードカーテン
シェードカーテン

 

写真では分かりづらいですが、形状に違いがあります。
しかも生地・シースルー部分のそれぞれの素材を選べるので、ほんとに迷います。
でも少しずつメリット・デメリットが違うので、どこに使うかを考えるとだんだん絞れてきます。
 
今回、取り付ける我が家の窓は掃出し窓です。
庭などに出入りする為、開け閉めが簡単でなくてはなりません。
そうなると、ブラインドやロールスクリーンは巻き上げなくてはならなく不向きです。
カーテン縦型ブラインドは簡単に開け閉めができて向いていますね!
わが家は風が強い場所で、普段網戸にして風を取り込むことが多いので、縦型ブラインドでは風になびく度に絡まったり、カタカタと当たる音がしてしまいそうです。
 

窓って、人の出入りだけでなく、景色を見たり、光や風を取り込んだり、暑さ・寒さを遮ったり、音を遮断したり、人の目線を遮ったりと、とっても重要なんです。v(‘▽^*)
 
それをうまく利用できるように手助けしてくれるのが、これらの窓の設備です。
使う用途だけでなく、窓の方角や大きさ、種類によっても選ぶ窓の設備は変わります。
 
上手に選べば、エアコンや照明の電気代を節約することにも繋がります。
また、カーテンなどの色が明るい色だと、気分も明るくなりますよね♪

結局、我が家の窓はこうなりました。
上の写真の2番目(プリーツスクリーン)を参考にしました。
カーテンの種類は違うけれど、色合いや雰囲気は似た感じになったかな?(?_?)