トップへ

2021.03.17 / umeda 久しぶりの読書

皆様こんにちは(´-`*)
今回は最近読んだ本をご紹介したいなと思います(^^)/
『「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』という2017年に発行された本です(^^♪
 
タイトルから考えると、ひとりぼっちになるの‥?
って感じがしますが、ある意味そうですが、そうでない。という感じです。(笑)
これから読まれる方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれないので内容については深く書きませんが、個人的にはこの時代に読むにはちょうどいいのではないかなと感じます。
 
2017年に発行されたものですが、今ジャストで使えそう。って感じの内容です(^^ゞ
そしてこれからの時代、誰しもが知っていて損はないのかなと思う内容でもありました。
人生には選択肢が多い方がいいですからね(^^♪
 
この本を読むきっかけとなったのは、コラムを読み漁っていた時期がありまして。(笑)
その時にこの本の一部が抜粋されたコラムに出会ったことがきっかけです。
文章が読みやすくて、この人の本なら楽しく読めるかなと思って買ってみました(^^)/
 
難しい言葉はそんなにないので、学生さんにもおすすめです(´▽`)
でも、私が学生時代にこの本を読んだとしたらなかなかピンとこないかもしれない‥(笑)
社会に出て1年経った頃に、「あぁなんとなく言いたいこと分かったよ。」って思いそう。(笑)
 
なので、読む時期によっても受け取り方が大きく変わりそうな気がします(´-`*)
書いてある言葉の意味を知っているのと理解しているのでは話が変わってくる。
そんな感じです。
(´―`)<どんな感じだよ。(心の声)
 
ざっくりなおすすめトークでしたが、ご興味ありましたらぜひ♪
それでは、引き続きお身体に気を付けてお過ごしくださいね(´-`*)
ひとりぼっちこそが最強の生存戦略である
TVでもお馴染みの精神科医・名越康文氏の著書。
個人的には「最強」「戦略」あたりに強く惹かれます。byシラガ