陽当たり良好なリビングと、風通しを考慮した抜群の収納力を備えた、SEパッシブ+ZEHの住まい

倉敷市に建つSEパッシブ+ZEHの邸宅。
奥様の意向を最優先に考える優しいのご主人と、“私らしい家事のカタチ”と“収納スタイル”を追求した家族思いの奥様が完成させた、拘りの詰まったお家。
子供たちの自立心も育てる、そんな住まいが完成しました。



外観
南東から見た外観。
南に配置した大きな掃き出し戸からは程よく採光を得られ、室内を心地良い明るさで彩ります。
両脇に見える「斜め壁」は、夏の正午の太陽高度と同じ78度。
大屋根の軒先が夏の日差しを遮り、南面の窓全体を日陰を落とします。
また、正午以降の西日を遮る「縦庇」(たてびさし)の役割も果たします。


リビング
リビングからダイニングを望む。
アカシアのフローリングと天井に配したレッドシダーが空間を引き締めます。
LDKの2か所の大きな掃き出し戸には、ハニカムスクリーンを設置。
六角形(ハチの巣状)の構造が窓からの熱の移動を抑制する効果があります。
例えば、冬の昼間に太陽熱を取り込み暖かくなった室温が窓から逃げるのを抑えたり、夏には暑くなった屋外の熱を部屋に入れないように遮ったり。
工夫一つでより快適な空間になります。


ダイニング
ダイニングからキッチンを望む。
奥に見える2枚の縦すべり窓を開けると、隣家との間の日陰を通る涼しい風を室内に導くことができます。
右奥の天井高さまで届く引戸は、隣り合う洗面室へ配置した高窓への風の移動を妨げません。


LDK全体
LDK全体を望む。
室内空間のイメージを決める要素はやはり大きな面積を持つ「床と天井と壁」。
床材や天井材、キッチンや建具に施された“ウッドカラー”と、壁の“ホワイト”のカラーバランスはとても重要です。
施主様の好みを汲み取りつつ、なおクドくなり過ぎないよう且つシンプルに。
そこに住まう人がより楽しく、よりリラックスできる空間であることが何より大切です。


ダイニング
洗面室からダイニングを望む。
ダイニングテーブルの上に配されたステンドグラスのペンダントライトは、亡くなったお母様が昔作ってくれたもの。
「どこかに使ってもらえますか?」との奥様の言葉に心打たれました。
空間に調和するように室内全体のディテールを少しづつ整えながら、暮らしの中心に配置しました。
”お母様の形見“が、家族の集う食卓をいつも優しく照らしてくれています。


ウォークインクローゼット
洗面室からウォークインクローゼットを望む。
抜群の収納力を持つ6帖のウォークインクローゼットを1階に配置しました。
浴室・脱衣室・洗面室と直線上に導線を配することで、家事の負担は大幅に軽減。
春夏物と秋冬物など、今使わない洋服などは全てこちらに収納しておくことで各室のクローゼットは物で溢れかえることはありません。


ウォークインクローゼット
洗面室方向を望む。
ウォークインクローゼットで洗濯物を畳んだ後は、家族それぞれの決められたブースに置いておくだけ。
階段室のある玄関ホールとも直結しているため、子供たちは自らここで自分の衣類を手に取りそのまま2階の部屋に持ち帰ります。
「自分のことは自分でする習慣が自然と身に着く間取りにしたい」という奥様の想いから生まれた導線です。
また、空気が籠りがちなウォークインクローゼット。
洗面室側も玄関ホール側も扉の上にスリットを設けているため、扉を閉めたままでも空気の移動で可能です。


洗面室
洗面室を望む。
立地的に大気が汚れやすい地域ということもあり、奥様が熱望されていたガス乾燥機を設置。
そのため洗面室は広めに。
雨の日や曇りの日も含め、屋外に干すことが難しい日でも安心して洗濯できるとご満悦の奥様。
ここから直ぐにウォークインクローゼットへ移動できるため、洗濯が負担に感じることが無いそう。
また脱衣室と洗面室を分けたことで、娘さんが入浴中も気兼ねなく洗面台を使用できるようになりました。


玄関とシューズクローク
玄関とシューズクロークを望む。
煩雑になりがちな玄関も、シューズクロークがあればいつもすっきり。
下駄箱では収納が難しい重い物やゴルフバッグなども収納できとても便利です。


2階中廊下
2階中廊下を望む。
東西に配置された中廊下の両側には各個室が並びます。
本来このように建物中央付近に階段や廊下を設けると、必ず暗くなりいつも電気を点けておかなければならなくなりますが、天窓を設けるだけでこんなに明るい空間を確保することができます。
階段室と廊下の間の手摺壁もスチール製のアイアン手摺にすることで空間を広く見せることができ、天窓からの明かりも階段室にしっかり降り注ぐようになります。
また、開閉式の天窓は夏の通風にも大きく貢献してくれるのです。


2階造作洗面台
2階造作洗面台。
ご家族のライフスタイルを考慮し2階に造作洗面台を設置。
毎朝顔を洗ったり歯磨きをしたり。
毎日使う場所だからこそ鏡を見るのが楽しい場所に。
個性的なモザイクタイルもあえて白を採用。
その中に1色だけご夫婦の好きなカラーを配しました。
あくまでもシンプルに。


トイレ
階段
2階中廊下


ペンダントライト


外観


SE構法2階建てガルバリウム鋼板縦はぜ葺サイディング仕上げ
・1階:64.24㎡ 
 2階:71.21㎡ 
 延床面積:135.45㎡(40.97坪)

・UA値 :0.46W/㎡K
・ηAc値:1
・ηAh値:1.9
・Q値 :1.57W/㎡K
・μ値 :0.025
・C値 :0.45㎠/㎡
・ZEH

ご家族のライフスタイルを考慮し設計するにあたり、家事導線に徹底的に拘りました。
家事も温熱環境も、毎日の暮らしの中でいかに奥様が快適に過ごすことができるかがご主人の望みでもあり、打合せの最中も奥様の意向を最大限尊重されていたご主人の優しさがとても印象的でした。
また、普段からお二人そろって子供たちが自立しやすいよう生活の中で工夫をされていることもあり、その中の無駄をなくし家事導線に組み込むことで子供たちもストレスなく自主的に行動を起こしやすいようになったかと思います。
家族思いのご夫婦の、お二人らしい住まいになりました。