トップへ

2020.09.20 / シラガユカ リラックス空間の窓

フロスト複層ガラスの窓
外からの視線が気になるけれど、換気の為に窓は欲しい。
お風呂や脱衣所は特に!そんな時に弊社がセレクトする窓が「フロスト複層ガラス」の窓です!
基本的には、視線が気にならないよう窓の位置や大きさ・形を総合的に考慮して決定していくのですが、外から見える可能性が残る場合に設置しています。
見た目はすりガラスのようですが、一番の違いはシルエット。
昼間はもちろん、夜間で室内のみ明るい状態でも、窓から10㎝程離れた対象物はシルエットすら見事に透けません!
安心してゆったり過ごせる空間には不可欠なアイテムですね!

 

パッシブ欄間
2枚目の写真はパッシブ欄間(らんま)と呼んでいる開口部分です。
エアコンで調節されたリビングの室温と脱衣室との温度差を小さくする通風機能を備えています。
湿気対策はもちろん、冬のヒートショック予防対策としても効果的です。
そして、汗ばむ時期のお風呂と言えば‥「シャワーと湯船、どっちが省エネ??」的なお話。
【シャワー:12ℓ/分】と【湯船:200ℓ】の湯量だけを比較すると、17分シャワーを使うとほぼ同量になります。
が、夏のダメージを蓄積したカラダにオススメしたいのは、断然・湯船です!
ぬるめのお湯(38~40℃)に20~30分つかることで得られる効果は、副交感神経が活発になる➡リラックス効果➡良質な睡眠の確保。また自律神経のバランスが整うため、免疫力がUP!!
さらには、血管が広がることで全身の血液循環が活発になり、汗をかくことで体内の老廃物まで排出されちゃったり‥!
疲れてるからシャワーで時短って気持ちも分かりますが、疲れている時こそ湯船でゆっくり入浴するのが回復への近道なようです。

 
 
〇9月のひとこと。
2020年の中秋の名月は10/1(木)ですね。
今年こそ自作のお団子を‥と密かに決意を固めるシラガです。
 
さて、行合(ゆきあい)の空という言葉をご存知ですか?2つの季節が行きかう空、季節が移り変わろうとする頃の空の事を示す言葉だそうです。
夏の雲と秋の雲が混在する空を見ると「行合の空だなぁ」としみじみ季節の移ろいを感じています。
‥日中はまだ暑いですけどね!!!!

 

9/29(火)は招き猫の日です。
「くる(9)ふ(2)く(9)」の語呂にちなんで制定されているそうです。
そもそも何故、猫が福を招くのか?
養蚕業が盛んだった頃まで遡ります。
養蚕で生計を立てる家庭が多く存在する頃、蚕の天敵はネズミでした。
ネズミは蚕が大好物。卵であろうが幼虫であろうが構わず食べてしまうようです。
そこに現れた救世主が「猫」!ネズミを食べる猫は、養蚕農家にとって福を呼ぶ神様のような存在で、猫の像や碑が神社に奉納されるようになったそうです。
右手を上げた猫=金運を招く、左手を上げた猫=人(客)を招く、と言われていますが、両手を上げた猫は両方??と思ったら、両手をあげると「お手上げ」に見えることからご利益がないと言われているようです。
欲張ってはダメですね‥。
手の高さや色柄にも様々な意味があるようです。自分に合った招き猫を探してみるのも良いですね。