トップへ

2017.12.16 / YABE 思い出の橋

建築の仕事をしていると、仕事でいろんな所に行きます。
以前仕事させてもらったお宅のそばを通った時には、今どうなってるのかな~って気になります。
建物はもちろん、住んでいる方もどうされているのかな~って思います。
 
今回、住宅ではないけど、私が初めてアルバイトで携わった場所をふと思い出し、行ってみたくなりました。
親戚が兵庫県の伊丹市で土木建設業をしていた関係で、10代の頃に冬の1ヶ月間住込みで仕事をした場所です。
当時の記憶をたどりながら、関西の方へ遊びに行った帰りに電車とバスを乗り継いでようやくたどり着きました!
 

あれ?ここだったっけ?
 
まわりの景色もだいぶ変わっていて、もっと大きな橋だったような・・?w(゜o゜)w
橋をよく見ると竣工年月が【平成7年3月】
22年前・・計算してみると確かに時期が合います。
しばらく眺めていると、色々と思い出してきました。
ものすごく寒い中で仕事をした事や、全身筋肉痛になって湿布だらけで仕事したこと・・などなど。

 
長い工期中のたった1ヶ月間、アルバイトとして携わったので「この橋を作った」とは偉そうに言えませんが、完成して沢山の車が通る光景を実際に見ると、とても嬉しく、懐かしく、初心に帰ることができました。(゜▽゜*)
 
もう少しゆっくりこのあたりを散歩したかったのですが、何も思い出の無い所につき合わされている奥さんの眉間のしわが深くなり始めたので、ほどほどで帰りました。(;^ω^A