トップへ

2017.11.13 / 中藤 貴雄 1985地域アドバイザー拠点

先日ブログでもお伝えしましたが、弊社は今「1985地域アドバイザー拠点」になるための研修を受けています!
 
「1985地域アドバイザー拠点」とはなんぞや??
というわけで、改めて少しお話をさせて頂きます(^^)

 

「1985地域アドバイザー拠点」とは
家庭の省エネルギーに積極的に関わろうとする全ての人に「過不足ない情報」を提供するために、工務店がその地域の”拠点”となり、そこから皆さんに家庭でできる省エネについての提案や、情報の発信をしていくという役割を担っています。

 

もちろんこれは「我慢の省エネ」ではなく、パッシブデザインの工夫やアイデアを活用して「快適で賢い省エネ」が出来るといった内容です(^^)

 

そもそもこの活動は、ホームページにも何度か登場しているForward to 1985 energy lifeという団体により、現在の日本のエネルギー消費量を1985年当時の消費量まで減らそうという考えのもとにあります。
なぜ1985年か?それは、おおよそ1985年の消費量まで減らせれば原子力発電に依存しなくて済む計算になるんです(^o^)

 

家庭部門に関して言えば、現在のエネルギー消費量は1985年当時の2倍に達しています。Σ(゚Д゚)
日本全体のエネルギー消費量が1985年に向かうために、まず家庭のエネルギー消費量を半分に出来るように工夫して、限りある資源を大切にし、CO2の排出を減らし、これからを担う子供たちのためにも未来の地球を守ることが大切だと思います。

 

簡単なことではありませんが、一人ひとりのそうした意識が最後は地球を変えると信じています!
興味のある方はご連絡ください。
小冊子「住まい手とつくり手で、小さなエネルギーの暮らしを増やしていくアクション」(通称1985絵本)を私たちスタッフがお届けします(^^)!
 
みんなで1985に向かいましょう!では(^^)