トップへ

2019.07.13 / umeda 名古屋出張

暑い!気温は30度超えてないのに暑い!なぜ・・・?
あ!湿度、高っ!!梅雨だ~・・・。
 
ネクサスアーキテクトで働くようになって、温度&湿度と快適さの関係性が気になりだした梅田です。
今回、建物見学&セミナー参加のため名古屋へ行ってきました!(´-`*)
【見学会当日の天気:晴れ|気温27度|湿度54%|風速1m/s】
 
事務所にいるとエアコンなしでも涼しく感じる天気なのですが、見学時は少し暑く感じました。
都会の住宅街だったので、風が通りにくいのかななぁ・・・。


冬の暖かい日射熱を溜める大きなコンクリート壁!!

 

次の日、社長から出張の感想を聞かれ
梅田「風があんまり通っていなくて、少し暑く感じました。」
社長「パッシブデザインの5項目の並び順が基本の並び順とは違ったね。」
社長「見学させていただいた会社は自然風利用が4番目にあったから、優先順位が低かったのかもね。」
梅田「!!!」
 
順番に着目してなかった!!ほんとに違う!!風はあんまり通らなかったと思いきや、そこは優先させてなかったのか!
 

Passive Design 5項目

基本の並び順
 
①断熱
②日射遮蔽
③自然風利用
④昼光利用
⑤日射熱利用暖房
 
見学先の並び順
 
①断熱
②日射熱利用暖房(←得意とする部分 ※コンクリートの活用)
③日射遮蔽
④自然風利用
⑤昼光利用

 

パッシブデザインは5項目の一部をとらえるのではなく、その地域・立地・住む人によってその5項目の優先順位が変わるため、最適なバランスでデザインすることが大切だと改めて感じました。

 
 

さて、ここからは梅田的見解です!
社長から「パッシブデザインの5項目の並び順が違ったね」というお話を聞いて、早速リサーチ開始♪
結果、会社によって並び順はバラバラでした!
WEBサイトを構成するとき、基本的に「お客様が知りたいと思うこと」や「大切なこと」を上から表示させます。
そういった観点から見ると、各会社の強みやパッシブ5項目のうち何に力を入れているかが伺えそうですね!
気候によってパッシブ5項目の優先順位が変わっているので、住みたい地域で優先すべきものも見えてきそうです!
 
出張中は入ってくる情報を受け止めることで精一杯でしたが、後日社内で意見交換をすることで理解が深まったり、認識の修正も出来たりと、得るものが多くて楽しかったです!
これからは夏イベント満載ですね!
仕事も遊びも楽しんでいきましょう(`・ω・´)