トップへ

2021.07.18 / hamamoto 完成体感会を経て

5月に開催した「つなぐ家」の完成体感会。
私にとって、入社して初めての完成体感会でした!
 

メインの2日間の他、別日程でも2組のご家族にお越しいただきました(^ ^)
開放感抜群のリビング、居心地が良すぎて一度腰掛けると動きたくなくなる小上りの畳コーナー、お子様に大好評のキャットウォークなど、本当に見どころ・居どころたっぷりでご覧いただいた皆様からも「オシャレですね~!」など、お褒めの言葉が続々‥!
嬉しい言葉を受けて、改めて、お施主様をはじめ、社長や弊社スタッフ、職人さん達の「愛」がたっぷり詰まった住まいの価値は、実際にかかった金額以上のものがあるのではないかと感じました(^ ^)
つなぐ家畳コーナー

 

日本の住宅の寿命は平均30年と言われており、欧米諸国に比べてとても短くなっています。
そこで住宅業界では近年、新築住宅の長寿命化や中古物件の再生に力を入れて、「住み続けられる家」を多く産出しています。
 
住宅を「資産」と考えたとき、高い耐震性能や断熱性能を有していて、それが明示されていること。
そしてデザイン・意匠性もとても重要になってくると思います。
デザイン性が高く細部までこだわって丁寧に造られた住宅は、長きに渡って愛され「住みたい」と感じる人も多い。
当然、資産価値の面でも有利だと言えます。
 
自分達の世代だけでなく、受け継いでいく子供達にとっても「資産」となるような住まいを増やしていきたいですよね!
 
‥気づいたら企業理念みたいな話になっていましたΣ(º º)
 
ということで、完成体感会で皆様の生の声が聞けて、企業理念に沿った住まいづくりが出来ているということが実感できました★
お越しいただいた皆様、改めてありがとうございました!