暮らしに心地いい快適を
凶器にならない家に 暮らしに心地いい快適を バリアブルな住まいへ

健康性から見た快適

一言で快適性と言っても様々な要素があります。
例えば、間取りや家事動線といった「生活性」に対する快適であったり、高機能の設備や機器を取り入れた「効率性」を考えた快適であったり。
もちろんそれぞれ大切な要素ではありますが、私たちがそれ以前に最も重要視すべきと考えるのが「健康性」から見た快適です。
みなさんの中にも、ヒートショックという言葉を聞いたことのある方もおられると思います。ヒートショックとは、暖かい部屋(LDKや寝室など)から寒い部屋(脱衣所や浴室、トイレなど)
への移動などによる急激な温度の変化によって血圧が上下に大きく変動することをきっかけにして起こる健康被害のことです。
失神や不整脈を起こしたり、急死に至る危険な状態で、気温の下がる冬場に多く見られます。下の表を見ても解るよに、特に冬の入浴時に注意が必要で、東京都健康長寿医療センター研究所の調べによると、2011年には実に年間17,000人もの方がヒートショックに関連した「入浴中急死」に至ったと推計されました。この死亡者数は、交通事故による死亡者数の3倍をはるかに超え、そのうち高齢者は14,000人と大多数を占めています。

断熱化

また、近畿大学の岩前篤教授が行った「断熱化の健康改善率」の第3次調査の結果によると、喉の痛み、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などの冬に多くみられる疾患についても住宅の断熱化との関係性が大きく、断熱等級5以上(熱損失係数Q値=1.9)の住宅に引っ越した方の多くが、症状が改善したとの報告がなされています。

このように、快適を健康性から見た場合、“温熱環境が住まい手に与える影響”は思った以上に大きい事が分かります。

高気密高断熱は快適?

最近よく『高気密高断熱なので快適』というチラシやフレーズを目にする事があります。
「気密」とは、室内外の空気の移動を少なくするために建物の隙間を小さくすることを言い、C値(隙間相当面積 ㎠/㎡)として表されます。
隙間が少なければ、冬には室内の温まった空気が外に逃げにくくなったり、夏には外の暑い空気が侵入しにくくなったりと、冷暖房効率が良くなります。
「断熱」とは文字通り、“熱”を“断つ”ということ。熱の伝わりにくい材料を屋根や壁、床に施し、室内の熱を逃がしにくく、または外の熱が室内に伝わりにくくすることを言い、現在はUA値(外皮平均熱貫流率 W/㎡K)として表されます。
いずれも温熱環境への影響(室温の維持)には不可欠であり、“重要な性能”であることは間違いありません。つまり高気密高断熱の住まいは、健康的に暮らすための“基本性能”なんです。
しかし、高気密高断熱だけの家で本当に快適なのでしょうか?
高気密高断熱の家の特徴は、“熱を逃がしにくい” ということでした。
エアコンで温めたり窓から入った熱を蓄えて、しっかりと保温してくれます。

これは冬にとってはとても有効です。
しかし夏にはどうでしょう。
同じように、窓から入った高温の熱を蓄え保温してしまいます。外気温より室温の方が大幅に高くなった建物を冷やすために、エアコンを長時間稼働させるといった状況が起こりうるのです。
気密性や断熱性“だけ”を高くした、いわゆる「高性能住宅」では、冬は省エネになりそうですが、夏は決して省エネで快適とは言い難いのが実情です。

パッシブデザインをする

「建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽・風・地熱)を最大限に活用・調節できるようにし、高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその実際的手法。」
パッシブデザイン界の第一人者である野池 政宏氏によって、このように定義されています。
これは、単に「気密性・断熱性を高めて保温性を良くし、1台のエアコンで家中快適」といった住まいづくりとは全く異なることを意味します。
基本性能はもちろん、敷地に対しての建物をどう配置するか、窓の大きさと位置、窓周りに設ける部材の工夫や、太陽によってもたらされる光や熱の“活用と調節”、その地に吹く地域特有の風を検討し、周りの建物の位置や高さ等も考慮しながら、その場所に合った「最適解」を導き出し、高い質の室内環境を目指していく。 そして建物の工夫と併せて、暮らし方も踏まえて設計した住まいづくりです。

今どきの工務店ならどこで建てても同じだと思っていませんか?

実際に“新しい住まい”に引っ越した多くの方々が「暑い・寒い・暗い・風通しが悪い」を不満に思っているというデータがあります。

私たちは「心地いい快適」を目指し、“パッシブ”を“デザイン”していきます。

運動程度と健康改善率

子供たちの未来のために

太陽の熱や光、風といった自然エネルギーを活用しながら健康的な暮らしを目指すということは、電気やガスへの依存が少なくなり、CO2排出量の削減に繋がることで地球温暖化の抑制に繋がります。
そして1985年当時の消費電力量に進んでいくことにより、原子力発電が不要になり、福島原発事故のようなリスクも無くなります。
また、疾患が改善されることにより医療費の削減に繋がり、税金等による国民負担を減らす事にも繋がっていきます。
少し大げさに聞こえるかもしれませんが、一人ひとりのこういった意識や行動が子供たちや地球の未来を大きく変えていくと私たちは信じています。
健康的に快適に、『小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まい』は、地球や子供たちの豊かな未来に繋がっているのです。

赤ちゃんの写真

パッシブデザイン5項目

窓からの風景

Point1 パッシブデザインの家とは?

パッシブデザインの定義とは、「建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽・風・地熱)を最大限に活用・調節できるようにし、高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建物設計の考え方とその実際的手法。」です。
つまり、1年を通じて、小さなエネルギーで豊かに暮らすために太陽光・風・熱といった「自然エネルギー」を上手く活用することで、電気やガスなどへの依存率を下げつつ、冬は暖かく夏涼しい室内を考え実現していきます。
よくある高断熱・高気密住宅の設備に頼る家ではなく、建物の性能を上げ、日射や蓄熱も含めた「自然エネルギー」のことを考えながら設計し、その家の“最適解”を導き出す設計手法がパッシブデザインなのです。

Point2 パッシブデザインで行う5つの項目とバランス

これから説明する5つの項目のバランスを考えることが何より重要になります。
当然地域によってそれぞれの重要性や求められるレベルは変わってきます。
(たとえば、日射量の多い岡山県南部ではその特性を考慮し、夏のことも考えた設計が必要だったりします。)また、敷地条件によってもこれらのバランスは変わってきます。(南側に日射を遮る建物があれば、設計の工夫で冬の日射を最大限活用できるように計画します)。断熱性を高めるだけの家創りは簡単ですが、高断熱にすると夏暑くなることを理解して、日射遮へいや自然風利用をしっかり考えながら設計を進めていきます。

断熱(冬のパッシブ)

断熱性能を高めることで、建物の中にある熱をしっかり守ります。
つまり建物全体の保温性能が向上します。少ない熱で部屋を暖めることができ、暖房していなくても室温が一定に保たれるので「冬暖かい」を実感できるようになります。夏にはエアコンで冷やした室内を保温することにもつながるので、冬だけでなく、夏のことも考えたバランスの良い断熱性能を組み込むことがパッシブデザインのベースをつくることになります。

※弊社目標基準値
熱損失係数(Q値):1.9W/㎡•K以下
外皮熱貫流率(UA値):0.6W/㎡•K以下
隙間相当面積(C値):1.0㎠/㎡以下

イラスト1

日射遮へい(夏のパッシブ)

夏の暑い日差しを室内に入れないことが日射遮へいです。「夏涼しく」を実現するために何より重要になります。日射遮へいを考えず断熱性能だけを高めると、夏の暑い日差しによって「外気温より室内温度の方が大幅に高くなっていく」という現象が起きます。窓から入る日射をコントロールし、最大限に少なくすることがポイントで、このことにより冷房エネルギーを削減することにつながります。

※弊社目標基準値
夏期日射熱取得係数(μ値):0.03以下
冷房期の日射熱取得率(ηAc値):1.2以下

イラスト2

自然風利用(夏のパッシブ)

身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また建物の中にたまった熱を排出させる意味もあります。自然風利用は、卓越風(その土地のある期間に最も頻繁に現れる風向きの風)や周辺の建物、地形を読む必要があるので、その土地ごとに計画が異なるのも特徴です。
自然風利用のポイントは「室温より外気温が低い時に風を取り入れる」なので、真夏であれば夕方以降に行い、その前後の季節であれば日中も夜間もば日中も夜間も行うことが有効となります。

イラスト3

昼光利用(通年のパッシブ)

太陽光をそのまま光として利用し、人工照明にできるだけ頼らず自然光による快適な明るさの室内を実現することを目的とします。昼間に長く過ごす部屋には、2面以上の窓を設け採光が取れるように設計します。また高窓や吹き抜けからの採光や、欄間を活用しての“導光”など様々な“技”があります。

イラスト4

日射熱利用暖房(冬のパッシブ)

冬の昼間に日射熱を室内に取り入れて暖房に使うという設計技術です。このとき重要になるのが、日射熱を採り入れる「集熱」、入った日射熱を逃がさない「断熱」、入った日射熱を蓄える「蓄熱」の3つをしっかり考えることです。3つのバランスがうまく整うと、室内変動が小さくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーの削減につながります。ただし、地域や立地条件によっては冬の日射が遮られ十分な集熱ができないため、事前の検討を行うことが重要です。

※弊社目標基準値
暖房期の日射熱取得率(ηAh値):2.5以上

イラスト5

パッシブデザイン住宅には、メリットがいっぱい!

メリット1とっても快適!

1.エアコンやファンヒーターの利用が最小限で済みます。

2.室温や湿度が安定し、寒さ・暑さの不満が解消できます。

部屋の様子

メリット2健康な暮らしが待っています!

1.ヒートショックが起きる環境を回避できます。

2.肌のかゆみやアトピー性疾患が改善されます。

3.女性特有の冷えが緩和され、美容と健康につながります。

4.風邪が引きにくくなります。

メリット3経済的にもうれしい

光熱費が大幅に削減されます。
また、パッシブデザイン住宅は、設計したらおしまい。というわけではありません。住まい手の暮らし方に大きく左右されます。一緒に光熱費削減に取り組みましょう!
また、光熱費を削減するだけでなく、電気・ガス・灯油等の家庭エネルギー削減も期待できます。
CO2削減にもつながり、地球温暖化を抑制するのにもつながるのです。

部屋の様子