トップへ

2021.05.17 ネクサス通信 vol.83

今月のラインナップ

 
 

takao_nakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
“太陽の恵み”が義務になる?!
おうちコラム vol.45

 

去る4月19日に「国の脱炭素住宅の在り方検討会」の第1回目がYouTubeにてLIVE配信されました。
これは、4月号でも少し触れましたが菅総理大臣の「2050年までにカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量ゼロ)を目指す」という宣言を受けてのもの。
 
先日の日経アーキテクチュア(建築業界に特化した日経新聞の媒体)のインタビューに応じた小泉進次郎環境大臣もまた、「目標達成のための一番のカギは再生可能エネルギー」とし、「住宅への太陽光パネル設置の義務化も視野に入れるべきだ」との認識を示しました。
「国の脱炭素住宅の在り方検討会」も5月19日には第3回が予定されており、脱炭素化は今後一気に加速すると思われます(^ ^)
 

そんな中、改めて注目される『ZEH』に不可欠な太陽光発電システムについて、ある方がFacebookにシェアされていたYouTube動画をご紹介します!(^ ^)
 
日本エネルギーパス協会代表理事で、千葉県で工務店の経営をされている今泉さんという方が、現在では売電価格が21円にまで下がった太陽光発電設置のメリットを、非常に解り易く解説して下さっています。

 

そもそも太陽光発電システムの普及を目的に設置費用を補填する形で10年前にスタートした固定価格買取制度(FIT)。
現在の設置費は10年前の設置費と比べて大幅に安くなっていることや全家庭が負担している省エネ賦課金のこと、二酸化炭素排出量の削減の必要性など、業界や一般の方を問わず知っておくべき内容ですので是非ご覧になってください(^ ^)b
自然エネルギーである“太陽の恵み”の利用が義務になる日もそう遠くないかもしれません(^ ^)v

 
 

 
 

mai_umeda
営業企画
UMEDA MAI
これが本当の雑談。

 

皆様こんにちは!(´-`*)
最近またダイエットを始めたのですが、それと同時に干し芋にハマりまして(^-^;
カロリーが高いので食べ過ぎには注意なのに1つ食べたら止まらなくて困ってます(´-ω-`)
 
干し芋に限らず、最近さつまいもが大好きで見つけては食べて、見つけては買っての繰り返しです(笑)
最近いろんなところでさつまいも類のお菓子を見るなぁと思っていたら、どうやら鬼滅の刃の煉獄杏寿郎さんがさつまいもを好きなようで納得しました(^ ^)(鬼滅の刃を見ていないのでわからなかった‥)
 

それにしても干し芋がおいしくて(´―`)
今、絶賛いろいろな干し芋を食べ比べしていて好みを探し中です!
いろいろ食べていく中で、今のところ条件が2つ。
1.スティックタイプ
2.表面に糖分が結晶化して白くなってないもの
特に大切なのは後者。
あんまり甘くないんですよね(´・ω・`)
なんでなんだろうって謎めいてます。(笑)
暫定1位と2位がこちら

無印良品_干し芋
セイウ株式会社_干し芋

 

今まで砂糖の塊を食べているような人間でしたが、それなりに歳をとり、だんだん今までの様にはいかなくなってきたことを実感しています。(切実)
ダイエット中ですが、干し芋は、食物繊維・カルシウム・ビタミンE・ビタミンB1・鉄分と栄養がたっぷりだそうなので、食べ過ぎなければ体に良いと自分を甘やかしています(^ ^)v
 
では、これぞ雑談。ということで‥。(^-^;
ぜひ、干し芋情報お待ちしてます!!(笑)
皆さま引き続きお身体に気を付けてお過ごしくださいませ(^ ^♪

 
 

 
 

eri_hamamoto
建築設計ディレクター
HAMAMOTO ERI
豊かな空間

 

先日「セカンドリビングのある家」の取材に同行させていただきました!
写真や図面は拝見していたものの、お邪魔するのは初めて。
 
少しドキドキしながら、私より更に新入りの社用車・MINI-ネクサス号(ネーミングセンスがなくて誠に申し訳ありません。)を運転して現地へ。
待っていたのは、写真で見ていたまま‥いや、緑豊かになって更に良い雰囲気になってる?!
比較的新しい家が建ち並ぶ住宅街でもひときわ目を引く邸宅でした(^ ^)/
 
玄関から室内へ入らせていただいたとき、取材班の皆さまの「わー!素敵!綺麗!」という歓声を聞きながら、心の中で静かに感じていました。
「ステキー(゚o゚)!」
リビングへ入らせていただき、もう一度感じました。
「ステキやん(゚o゚)!」
想像していた以上の空間が、そこにはありました。
 
延床面積約34坪・LDK21帖と、決して非現実的な広さではないのですが、面積以上の「豊かさ」みたいなものを感じて、新しい発見や再認識したことがありました。
 

 
豊かな空間
 
奥行を感じられる間取りの重要性
 
視線の”抜け”をつくることで、実際の面積より広く見えたり、空間の豊かさが増します。
その効果を存分に活かした空間を実際に体感して、その重要性を再認識できました!
 
無垢材の経年美化
 
無垢の床は複合フローリングに比べ、傷がつきやすかったり、収縮しやすい(隙間ができやすい)というデメリットがあります。
ですが、使い込んでいけば、傷が”味”となり、使い始めたとき以上に良い雰囲気が生まれてきます。
ご入居から3年経ったお住まいへお邪魔したことで、無垢の床の経年美化を改めて感じることができました!
 
低天井の生み出す効果
 
“天井が高い”と聞くと開放的で素敵な感じがしますよね。
でも、”天井が低い”ってこんなにいい雰囲気になるんだ!と、今回知ることができました!
LDKに隣接している天井高2,100mm(建築基準法上、居室の天井高の限界です。)の畳コーナーは、個人的に一番好きな場所でした。
また、畳コーナーの先にある縁側のオーバーハングの軒天も低めにつくられていて、古民家ではないのに古民家カフェのような、不思議な空間が生まれていました。

 

お住まいのご家族が満足して暮らされているのを感じて、建築過程に関わっていない私もとても嬉しく思いました(^ ^)
住まわれてからの取材にも関わらず快くご協力いただき、本当にありがとうございました!
 
建築中・計画中の物件に対しても、益々完成が楽しみになりました♪

 
 

 
 

WORKS
S様邸 岡山県倉敷市
 
 

SEパッシブ_つなぐ家
SEパッシブ「つなぐ家」
今月の表紙はSEパッシブ「つなぐ家」の南側外観です。
何となく見覚えのある構図‥!?と気付いた方!はい!ネクサス通っ!!笑
2月号(vol.80)の表紙では、ほぼ同じ角度から撮影した上棟の写真を紹介しています。
興味のある方は、見比べてみて下さいね♫
それにしても、南面の開口は半端ないですね!
本来、窓は外気温の影響を最も受けてしまう部分なので、高気密・高断熱を謳う住宅は窓を出来るだけ小さくする傾向があります。
しかし、パッシブデザインを取り入れることで、これだけの大開口と快適を両立することが可能になるんです!
さらに、大開口でありながら耐震等級3(最高等級)をプラスさせる耐震構法SE構法の底力!!必見ですっ!
オープンハウスのご案内
さて、SEパッシブ「つなぐ家」完成体感会はご予約受付中です。
棟梁のお墨付きの”陽の入る開放感抜群のリビング”を始め、家族を近くに感じるつながる空間と、その中でも集中して作業ができるよう設計されたプライベート空間のバランスは必見ですっ!
また、家族と来客用とを分けた動線や、子どもたちが大きくなった時を見据えた間取りの考慮など。
今も50年後もずっと快適に‥という弊社のコンセプト通り、どの年代の方に見て頂いても「お気に入りのポイント」が見つかる体感会です。
弊社スタッフ( 20~50代 )も、各々お気に入りポイントがあります!
ぱっと見て素敵!なんだか快適!理由とこだわりと知って納得!の体感会。
予約枠に限りがありますので、興味のある方は早めのご予約をオススメしております!
ご来場が難しい方は、5/22 (土)限定のインスタライブをご視聴下さい♫

 
 

 
 

yuca_shiraga
企画広報
SHIRAGA YUCA
Editor’s Note

 

5/1 (土)は八十八夜でしたね。
「夏も近づく八十八夜~♫」と、ついつい口ずさんでしまいます。
立春から数えて八十八日目で、春から夏に移る準備を始める日だそうです。
意識せず歌っていましたが、歌詞に偽りなしです!
「八十八夜の別れ霜」という言葉がありますが、① 暖かく安定した気候になってくるけれども、晩霜(おそじも)が降りて作物に被害を与えることもある ② 霜の害の心配がなくなる、という真逆の解釈があるようです。
パッシブデザインの勉強をしていると、気候には地域差が大いにあることが分かるので、どちらも正解なんだろうなぁ‥と個人的には納得しています。

さて、私事ですが‥下の子が小学生になりました。
そう!登園・降園の送迎が不要になったんです!!
とは言えまだ給食を食べてすぐに帰ってくる&通学路途中までお迎えが必要なので、生活が一変する訳では無いのですが‥
何となく”一緒に過ごす時間”が少なくなったように感じます。
嬉しいような淋しいような、複雑な今日この頃。笑
送迎で毎日乗っていた自転車も影を潜めてしまっているので、体力維持が目下の目標です!