トップへ

2021.04.10 ネクサス通信 vol.82

今月のラインナップ

 
 

takao_nakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
持続可能な社会のために
おうちコラム vol.44

 

遡ること昨年12月、ばったり会った社会保険労務士の友人から、「明後日、商工会議所でSDGsのワークショップやるんで来てください!」と声をかけて頂きました。
皆さんは“SDGs(エス•ディー•ジーズ)”という言葉をご存知でしょうか?
正式には“Sustainable Development Goals(サスティナブル デベロップメント ゴールズ)”と言い、それぞれの頭文字と最後の“s”を取ってSDGsと読みます。
 
このSDGs、「持続可能な開発目標」といい、17の国際的目標が国連で定められています。
そしてその目標には169の達成基準(ターゲット)があり、その基準には232の指標が示されています。
例えば、世界の貧困を無くすという目標に対して、2030年までに栄養が取れず成長が妨げられる5歳未満の子供を減らすといった達成基準が設けられていたり、ジェンダー(性別)平等を達成するために、女性も男性と同じように政治や経済といった社会活動に参加したり、リーダーになれるようにするといった達成基準(ターゲット)が定められていたり。
つまり、国際社会が世界の全ての人たちの人権を守り、海洋汚染や気候変動といった地球の環境を保全し、人が人として暮らせ、平和で平等な社会を実現するために何をすべきかが明記されたという事です。
 
平素から住宅を通じて地球温暖化など環境改善を目指す弊社にとっては気になるワードでして、実はワタクシ、数年前から気になっていました。
それから自分なりに調べて概略はそれなりに把握していたものの、どう活かせばいいのかまでは落とし込めておらず、折角頂いたこのチャンスを棒に振る選択肢などもちろん無く、その場で二つ返事で参加を表明し学んでまいりました(^ ^)
 
そしてこの機を生かし、スタッフ梅田を中心に2月初旬から改めて調べ直し、弊社として既に出来ていること、今後取り組んでいけること、取り組んでいくべきことなどについて3月から全員でミーティングを繰り返し、私たちネクサスアーキテクトが国際社会の一員として出来る取組みを4月中旬にホームページに公表する事が出来そうです(^ ^)
 
私たちのような小さな会社に出来ることは本当に小さな一つでしかありません。
しかし、今回この機会にスタッフ全員で話し合う事によって、大きな意識の変化が生まれました。
例えばゴミ袋。
ゴミ袋だけを見れば、今では「生分解性プラスチック」といった植物由来等で一定の条件下で土に還る製品も存在します。
私自身「環境に優しいゴミ袋を使用したいから土に還るゴミ袋を」と考えましたが、ふと疑問を感じたわけです。
私たちの生活の中で出たゴミのほとんどが土壌ではなく焼却場に行き、焼却処分されます。
(もちろんポリ塩化ビニル等のように燃焼すると有害物質を発生する物は論外です‥)
 
そこに注力する前に、私たちが企業として出来ることは他にあるんではないか改めて考えます。
そして、現場レベルで出来る産業廃棄物の細分別にたどり着きます。今度はそれをどうリサイクルできるか考えます。
考えた結果その方法が見つかります‥。
 
どうでしょう。
このサイクルが、最も大切で重要なんですよね(^ ^)
 
当たり前の事なのかもしれません。
しかし、何もなければ社内で真剣にこんな話をする事は無かったかもしれません。
 
SDGsを通じて、私たちネクサスアーキテクトは持続可能な社会のために何が出来るかを真面目に考える機会を得ました。
また家づくりに携わる者として、国際社会に対して私たちが担う責任の大きさを改めて認識する事が出来ました(^ ^)
 
企業として、個人として出来ることはもっともっとあるはず。今後の家づくりも含め、一つ一つの計画や行動を改めて見つめ返して生活したいと思います(^ ^)

 

SDGs
ミーティングを重ねる毎に身近になったSDGs。
国際的な取組みなのでハードルが高いイメージがありますが、地球環境の保全に関しては誰もが取り組めます。
日常の中で出来ることから始めてみませんか?子供たちの未来のために。

 
 

 
 

kazuko_nakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
モリモリ

 

日中の陽射しが心地良い日が増えてきましたね!
黄砂や花粉も多いので、素直に快適とは言えないけど‥。
子供の頃は黄砂や花粉は特に気にならなかったですが、生活環境が変わった影響でしょうか?
 
春と言えば入学したり卒業したり、そんな出会いと別れの季節ですね。
我が家の長男も高校を卒業し、次男は高校2年生に。
長男はコンビニでバイトをしスポーツもしてないのでガリガリ君。
次男は今怪我でリハビリ中なのに食べる量は変わらずポッチャリ君。
とうとう長男より6㌔重たくなりました( ̄▽ ̄)
 
先日、帰省した際にリクエストされた〝廻るお寿司のカニサラダ〟この写真は次男が食べる分。
サッカー復帰したら体も絞れてくることを期待して、今日もモリモリいってることでしょう笑
カニサラダ

 
 

 
 

eri_hamamoto
建築設計ディレクター
HAMAMOTO ERI
ここがすごい!

 

早いもので、ネクサスアーキテクトに入って1か月が経ちました!
働き始めて感じた、会社の”すごい!びっくり!”なポイントを鮮度の高いうちに書き連ねてみることにします(^ ^)

 

01.PCスキルがすごい
会社に入って最初に驚いたのが、ネクサススタッフのPCスキル。事務所内に専門用語が飛び交い、木霊します(。。)<オルト、ブルスク、コーディング?!
私もPCが苦手なほうではないと思っていた‥けれど、レベルの違いに脱帽。
日々勉強中φ(..)色々教えてもらって助かっています!
02.SE構法がすごい
初めて工事中の現場にお邪魔したとき驚いたのが、そのすっきりとした空間。
職人さんが現場をきれいに保ってくださっていること、そして、採用しているSE構法による印象が大きかったと思います。
ラーメン接合のSE構法は、間仕切り壁が少なくてもしっかりとした耐震性を確保できるので将来リノベーションもしやすく、永く残していける建物になっています(^ ^)!
03.社長と職人さんの仲が良い
現場で驚いたことがもうひとつ。
社長と職人さんの仲がとても良くて、建物をもっと良くしていけるように意見や知識を交換しながら建物づくりを進めていること。
社長が元々大工さんだったことも関係していると思いますが、とても良い空気感で工事が進められていました(^ ^)/
これは会社にとってもお施主様にとっても、メリットでしかないな~と思います!スバラシイ!
04.細部まで拘られた納まり
建物がカッコよく見えるか否かは、細かな納まりによる影響がとても大きいと思います。
図面を作成していく中で、ネクサスアーキテクトは細部まできちんと拘って納まりを考えていて、意識の高さを感じました!
中でも印象的だったのは玄関框と付巾木。
120~150mm前後の厚みをもたせるのが既製品等でよくみる納まりですが、ネクサスアーキテクトでは12~15mm程度!
この薄さがカッコいい空間を生み出しているんですね~(^ ^)!
玄関框と付巾木

 

他にも働き方や建物のことで、スバラシイと思ったポイントは色々とあるんですが、特に印象的だったのが以上です(^_-)-☆
おそらく会社へ入りたての私が”すごい!びっくり!”していることは皆さまからみても感心するポイントなんじゃないかと思ってピックアップしてみました!

 
 

 
 

WORKS
星の里たまご直売所 岡山県井原市美星町
 
 

星の里たまご
新しいたまごやのカタチ

阪本鶏卵さんのたまごサンドに使われている【星の里たまご】。
環境に恵まれた星の里・美星町で飼料と水にこだわって生産されている特別なその卵が買える直売所が4/22 (木)にOPENします!
養鶏場のすぐ近くに建てられた直売所に並ぶのは、新鮮な「朝採れたまご」をはじめ、美星町の食材とコラボした加工食品など。
そして、その直売所を設計・施工したのがネクサスアーキテクトです。
阪本鶏卵さんの新しいロゴからイメージを膨らませた外観イメージ。
ありきたりな”たまごや”っぽく無く、男前なインダストリアルデザイン。
大きな窓から見える美しい美星の自然は、お客さんはもちろん、直売所で働く方々の癒しになれば良いな‥と設計しました。

 

ペンダントライト
レジに配置されたペンダントライトは、お施主様である阪本鶏卵の阪本社長様から支給されたもの。
イベント出店の際に、隣のブースにあったのを気に入り購入したそうで、実は海外の鶏舎で使われてたモノだというから”縁”を感じますね。
建物の性能に関しては、もちろん妥協していません!とは言え、人が暮らす”家”では無いので、コストも考慮しつつバランスを考えて設計しています。
窓は全てLow-E複層ガラス(日射遮蔽型)を採用。
朝晩の気温差が大きい立地なので、冬の結露対策をはじめ、夏の遮熱にも効果を発揮します!
店内にはOSB合板を多く使用しています。
強度・断熱性・気密性・防虫性がある上、汎用性も高いのでDIY好きにはお馴染みの板ですね♫
今後レイアウト変更が必要になった際にも柔軟に対応出来るという利点と、無骨なカッコ良さの両方を叶えてますね。
阪本鶏卵さんの新しいロゴがぐっと引き立ちそうで、そこも個人的に楽しみです!

 
 

 
 

yuca_shiraga
企画広報
SHIRAGA YUCA
Editor’s Note

 

いよいよ新年度がスタートしましたね。
子供の入学準備に沈没しそうなシラガです‥が乗り切りますよ~!笑
さて、今回からNewスタッフの絵理ちゃんにも記事に参加してもらいました。
かずさん、梅ちゃん、絵理ちゃんは、それぞれ仕事内容も年代も違うので、毎回新鮮な記事になる予感です♫
 
5/22 (土)・5/23 (日)の2日間限定でS様邸「つなぐ家」の完成体感会を企画しています。
2月に行った構造体感会では性能の礎となる部分をピックアップしましたが、今回はシンプルに見て・感じて頂きたい!
棟梁イチオシの陽の入り方や、つながる空間、空気感など。見所満載です♫