2021.02.15 ネクサス通信 vol.80

今月のラインナップ

 
 

takao_nakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
職人は知っている!?

 

2021年も既に1ヶ月が過ぎ、「逃げる」2月に突入!
年々一年が早くなりますが、今年ももれなくあっという間に4月まで突っ走っていくんでしょう(^ ^;
改めまして、本年もどうぞ宜しくお願い致します(^ ^)
 
さて、今回は“職人”についてのお話を(^ ^)
職人と言いますと、やはりイメージするのは大工さんや左官さん、板金屋さんやクロス屋さんといった建築現場で働く技術者を思い浮かべますよね(^ ^)
少し前になりますが、私が長年通っております美容室「サロン・ド・シェリール」のオーナースタイリストとそんな雑談をしていました。
 
「職人さんって頑固なイメージがあるけど、やり難い職人さんっている?」
「美容師も間違いなく大工と同じように職人よね。」
 
と、まあこんな感じで(^ ^)
もちろん職人さんによって個性はそれぞれなので、相性というものはあるかも知れません(^ ^)
そんな職人さんですが、皆さんから見たイメージはやはり“その道のプロ”。
当たり前ですが職人と呼ばれる以上、現場での施工技術は必須要件。
だからこそ信頼して現場をお任せできるわけです(^ ^)
 
しかし、先日SNSで驚くべき光景を目にしてしまいました‥。
施工会社や地域は伏せられていましたが、大手建売り業者のとある現場の上棟前の状況を撮影したと解説される動画です。
木造住宅の建築では、上棟前に「土台伏せ」といってコンクリート基礎の上に土台という角材を固定し、その上に2.5センチ前後の合板を張り付け床の下地を施工する作業を行います。
「剛床工法」と言い最近では多く見られる工程で、弊社も採用しています。
映像では、基礎の中で土台が浮いてしまう程の土砂降りの雨の中、この「土台伏せ」の工程が行われていました。
そして雨に打たれた現場はそのまま放置‥。
 
この現場の問題は複数ありますが、敢えて特筆すべきは2つ。
1つ目は【ずぶ濡れになった合板は簡単には乾かない】という事。
この現場の工事は、基礎、土台、合板がずぶ濡れのまま進んでいくと思われ、床下の湿気は凄まじい状況が容易に想像出来ます。
2つ目は、当たり前ですが【工務店と大工職人が施工している】という事。ここが1番の問題かも知れません。
 
こんな施工に至った経緯はいくつか考えられますが、どんな事情があるにせよ、これは容認されるものではないレベルの事象です‥。
もちろん建売り住宅の全てがこんな事をしている訳ではありません。
もしかしたら注文住宅の現場でもあるのかもしれません。
もしもこれが後々どんな健康被害を起こし、資産価値に損失を与えるかを知らずに行っていたのだとしたら‥と思うとゾッとします。
 
特に昨今の住宅の高断熱化や高気密化は、設計や計算で理論だけを立てても意味がありません。
つまり正しい施工が伴っていなけば実態が異なってしまうのです。
工務店の知識のアップデートはとても重要です。それと同じく、現場で施工する職人の知識のアップデートもとても重要なのです。
 
15年ほど前、職人は新しい技術や工法をすんなり受け入れるのが苦手でした。
それは今まで培ってきた自分の仕事に誇りを持っていたからこそ(^ ^)
 
しかし今では時代も変わり、今までの常識の改革を図る工務店も急激に増えた事から、意識も理解も大きく変わり積極的に知識と技術を蓄積しようとする職人がほとんどです(^ ^)
私も元々は大工職人であるがゆえ、職人の思いは良くも悪くも手にとるように解ってしまいます(^ ^;
だからこそ、現場で活躍する職人をリスペクトし、現場の意見も聴きながらより良い品質と施工性の実現を目指しています(^ ^)
 
本当に信頼できる職人とは、知らなかった事を「知っている」に変える探究心と吸収力が大きく、住まい手の為に仕事を考えられる人だと思っています。
そんな職人さんこそが、プロと呼ばれる人財(じんざい)なのです(^ ^)

 
 

 
 

kazuko_nakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
あっという間に終わった新人戦

 

新チームになってからの高校サッカー初めての公式戦が、あっという間に終わってしまいました(´・ω・`)
メンバーに選ばれ張り切って臨んだ県大会初戦は雨が降りしきる中での試合でした。
相手チームのご厚意でYouTubeでLIVE!
 
どんより厚い雲に覆われベチョベチョのピッチでのプレー。
誰が誰かも分からず、ボールがどこにあるのかさえ分からない状態。
背番号で何とか息子がわかる感じ(笑)
 

何とか勝利し、次戦もスタメンフル出場! 次はゴールを決める!!
と張り切っていましたが、腰痛を訴えMRIを撮りに病院へ。
またまた腰椎分離か?!
と「3ヶ月の療養」を覚悟していましたが、腰椎分離の手前の状態で「3週間の安静」の診断。
3ヶ月と思っていたので3週間と言われホッ(*´▽`*)
 
ただ、残りの新人戦は欠場が決定し、息子は悔しいを連発。
なったものは仕方ない。復帰した時にパワーアップ出来るように、今出来ることをするのみですね!
私もサポートを頑張ります(*`・ω・´)ノ
あっという間に終わった新人戦リハビリ用ストレッチポールを手にパワーアップを誓う!

 
 

 
 

mai_umeda
営業企画
UMEDA MAI
写実絵

 

みなさん こんにちは(^^ゞ
タイトルにもある通り、写実絵を観に行ってきました!
 
岡山シティミュージアムで「ホキ美術館名品展」が2020年12月18日(金)から2021年2月23日(火・祝)まで行われています。
行くきっかけとなったのは、以前社内でホキ美術館の話が出て、社長が初めて絵に魅かれた美術館だったと言っていたので、ナイスタイミング!と思って行ってきました。
 
写実絵というものを初めて観に行きましたが、受け取るモノが多すぎて半分くらいで疲れてすべては観ることが出来ませんでした。(笑)
なので、期間内にもう一度行こうと思っています!

久々に絵を観に行きましたが、1つ1つの絵と向き合う時間はとても楽しく有意義な時間となりました。
絵にあまり興味ないという方も、絵が好きな方も、今まで美術館に行ったことはあるけど楽しくなかったという方も、写実絵は比較的わかりやすいのでおすすめです(´-`*)
ぜひ、細かいところも見ていただきたいですが、いろんな距離で絵を観るともっと楽しめるのではないかと思います(^^♪
 
現在の状況が落ち着き、遠くに行けるようになった際にはホキ美術館にも行ってみようと思います(*’▽’)

 

ホキ美術館
2016年に社長が撮影したホキ美術館(千葉県千葉市)の外観。
曲線を組み合わせた躍動的な階層に30mの片持ち梁というダイナミックなフォルム(柱も何もない所に30mの建物が飛び出している)は圧巻の一言!
その他にも強度を保つために構造部分の厚さや太さを確保しつつ、美術館という名に相応しく「美しく魅せる」よう細かく計算された建築物は、この業界に携わる者としては見所満載なのだとかっ!
写実絵と建物の両方を心ゆくまで堪能したい私。
とても1日では足り無さそうなので、子育てが落ち着いた頃にゆっくりと行ってみたい場所の一つです♫ byシラガ
 
関連記事:ネクサス通信vol.30

 
 

 
 

WORKS
S様邸 岡山県倉敷市
 
 

鎮め物
安心をつなぐ基礎

 

家の土台となる重要な基礎。
この基礎もいくつか種類がありますが、家づくりを検討中の方の中で重要視している方の割合は一体どれほどなのでしょうか?
ぶっちゃけ、私自身、家の性能は気にしていましたが、基礎に関しては無知でした。
そんな基礎・配筋検査に関するYouTube動画をアップする予定ですので、お楽しみに♫
さて、今回はその基礎工事の前に建物の中心に埋める「鎮め物」のご紹介です。
鎮め物の中身は様々なようですが、【土地神様に奉献するもの】と【土地を祓い災禍を鎮めるもの】に分類されるものが入っているようです。
S様邸の鎮め物は、備前焼の鎮め物でした!
神主さんの説明を熱心に聞かれ納得の表情の施主様。
地鎮祭では精神的な安心を、これから始まる工事では理論的な数値と確実な施工力で物理的な安心をお届けします。

 

構造体感会
先月号でもお知らせしていた【2/21 (日):構造体感会】の詳細が決定しました!
【構造体感インスタライブ】も午前・午後の2回実施!
来場が難しい方でも、気軽に質問出来て・その場ですぐ回答がもらえるので、めっちゃお得ですよ♫
断熱材も施工済みなので、断熱&構造についての疑問がある方にオススメの体感会です!
S様邸は南面が開けていて開放的な間取りが魅力の一つなので、構造体感会と完成体感会を併せてご参加いただけると、家づくりの参考になる事が多いのでは!?と考えております。
【構造体感会】は完全予約制になっておりますので、詳細についてはホームページでご確認の上 ご予約下さい。
限られた時間・限られた人数のご案内となりますが、安心してじっくり体感していただけるよう準備しております。
お気軽にご参加下さい♫

 
 

 
 

yuca_shiraga
企画広報
SHIRAGA YUCA
Editor’s Note

 

日数が少ないにも関わらず、割とイベント多い2月。
2月は逃げるように足早に月日過ぎる‥とはよく言ったものです。
ナイス!例え!!
少々くたびれモードの企画広報シラガですが、節分の日の出来事がちょっと面白かったのでご紹介します。
 
(完全にプライベートな話です。) 節分の日の晩御飯は巻き寿司!
手づくりだったり、買ってきたものだったり。
子供たちにも意味を説明して、その年の方角に向かって無言で食す!というのがシラガ家の定番だったのですが、今年はスーパー混みそう‥勝ち取れない‥という事もあり、手巻きにすることに♫
しかし、子供たちの反応はイマイチ。
準備が整っていざ食べようとした時に「‥巻かなくても良い?」「握りたい!」と。
子供たちからの申し出なんて珍しいのと、どうせなら楽しく食事がしたい!ので、OKすると「準備してくるー!」と一旦離席し、ねじったタオルを頭に巻いて登場しました!笑
カタチから入るところがそっくり!!笑笑
いつもと違うことに不安を感じる事もあるけれど、こんな風に視点を変えて楽しんでみるのもアリだな♫と子供たちに教えられた、楽しい時間でした。
独創的なお寿司も美味でした!笑