2020.11.20 ネクサス通信 vol.77

今月のラインナップ

 
 

takao_nakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
リスペクト

 

秋の観光シーズンを迎え、Go to travelキャンペーンも後押しする形で少しずつ動き始めた感のある2020年。
先日、今後のスポーツ界の方向性を左右する“ある大きな決断”がなされました。
それは「全国高等学校サッカー選手権大会」の開催。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、センバツ高校野球やインターハイ、夏の甲子園など、春以降のスポーツはことごとく開催中止を余儀なくされてきました。

 

フォト・セッションwithコロナフォト・セッションwithコロナ
今回の選手権開催決定は、「withコロナ」時代のスポーツ在り方、関わり方について一つの指標となるものだと感じます。
この全国高校サッカー選手権・岡山県大会は、60校にも及ぶ高校サッカー部が負けたら終わりのトーナメント形式で全国大会を目指し行われます。
今年の春、新チームになって直ぐに開催された岡山県高校サッカー新人大会の上位4チームである県立玉野光南高校、私立学芸館高校、私立作陽高校、私立就実高校はシード校としてベスト16からの登場。
4チームとも順当に勝ち上がり、去る10月25日、運営する岡山県サッカー協会の徹底した感染予防対策のもと、岡山県大会準決勝が行われました。

 

対戦カードは、玉野光南高校vs学芸館高校、作陽高校vs就実高校。
特に玉野光南高校vs学芸館高校は、今年の新人大会の準決勝戦のカードで玉野光南高校が制し、昨年の本大会の決勝戦のカードでもあり学芸館高校が制するという、特に永年岡山県の高校サッカー界を牽引する因縁の対決なのです。
因縁の対決玉野光南vs学芸館高校因縁の対決!玉野光南vs学芸館高校

 

試合開始から終始、一進一退の攻防を繰り広げ、前後半80分を闘い抜いて0-0。
そのまま延長戦に突入するも、両校譲らず0-0でPK戦へ。
それぞれのキッカーもゴールキーパーも、最後の力を振り絞り、勝てば全国大会への希望を繋ぎ、負ければ3年間、もっと言うと小学生からの12年間のサッカー人生に終止符を打つ事になる極限のプレッシャーの中、最後まで勇気と覚悟を持ってピッチに立ち続けた22人。
 
まさに死闘‥。両チームともそれぞれ9人ずつが蹴り、意地を見せ合い、結果はPK 7-6で学芸館高校が準決勝を制しました。
 
現在1年生ですが、私の息子は玉野光南高校サッカー部に所属し寮生活をしています。
息子が入学してから今日まで、色々な話を聞いてきました。
現在の3年生によるサッカー部内の先輩後輩の関わり方の改革や、同じく寮内での改革。
 
彼らは過去の自分たちの経験から、「サッカーという同じ目的を持ち、切磋琢磨し、意思疎通やリスペクトが不可欠なスポーツであること。」「初めて親元を離れ寝食を共にする後輩たちが、家に帰りたくなる様な寮にしてはいけない。」と、後輩たちを“大切な弟”、“大切な仲間”として接する環境を整えたそうです。
 
今回の敗戦後、「先輩たちには全国に行ってほしかったな‥」と呟いた息子の言葉が“リスペクト”の精神を体現してきた3年生の偉大さを物語っているように感じます。
 

最後の最後まで諦めず、魂のこもったプレーで魅せてくれた彼らに心から敬意を表すると共に、全力で闘う姿勢だけでなく、人として最も大切なコトを体現し、後輩たちに素晴らしい背中を見せてくれた彼らを、私は心からリスペクトします。
リスペクトの精神を体現してきた選手達リスペクトの精神を体現してきた選手達

 
 

 
 

kazuko_nakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
宅建に挑戦!!

 

宅建の試験を受けに行ってきました!
コロナ対策で、受付で検温と消毒をして‥いざ試験へ!
 
小難しい用語もたくさん出てくるので、素人の私には裏技しかない!
ってことで試験対策に選んだのが写真のテキスト!
 

本
これやってれば時間も余り過ぎちゃうかな?なんて(笑)
試験会場に着いたら、周りの人のテキストを見ると、私みたいなふざけたのを持ってる人はおらず。
付箋もたくさん付いてて真剣に勉強してる感じが!!
 
いざ試験開始!!
 
こんなウラ技は、1問も出てきませんでした(@_@)
なので結果は。。
 
来年はもっと、きちんと勉強してリベンジします(=_=)

 
 

 
 

mai_umeda
営業企画
UMEDA MAI
冬を感じる瞬間

 

すっかり寒くなりましたね(´-`*)
普通に過ごしているとマスク蒸れすることも少なくなり、肌が少しだけ平穏です(^^)/
 
いよいよ冬到来ですが、皆さんは冬がくるなぁと感じる瞬間はありますか?
私は、クリスマスコフレの商品発表があると、もう冬が来るんだなぁと毎年思っています(^^♪
最初は、メイクアップ商品に心を躍らせていましたが、だんだん年齢を重ねるごとにスキンケア商品の方が気になりまして。
最近はスキンケアメインで探すことが多くなりましたね!(^^)
 
あと、これは四季を通して感じることですが、季節が変わる瞬間の匂いと外の色!
根拠とかは特にないのですが、直感的にいつも感じます☆
感覚ってやつでしょうか(^^)/
 
慌ただしく過ぎていく2020年も残りわずか!
少しずつイベントなども動いてきましたが、もう少しかかりそうな予感(´―`)
行けるようになった時に行きたい場所にすぐ行けるように、免疫力を高めてしっかり体調管理をしておこうと思います(^^♪
 
皆さんもお身体に気を付けてお過ごしくださいね(^^ゞ

 
 

季節の移ろい
7月31日7月31日
8月31日8月31日
9月28日9月28日
10月20日10月20日

 
 

 
 

WORKS
断熱性能と気密性能|適正な性能バランス
 
 

冬の実測データ
「断熱」と「気密」、性能の良い家を手に入れるためのキーワードですね。
では、ただただ高性能なら良いのでしょうか?岡山・倉敷に建てる家に北海道仕様の性能が必要でしょうか?冬は問題なく温かいでしょう。
しかし夏はどうでしょう?
窓から入る熱を保温しすぎて「熱ごもり」を起こしてしまう可能性があります。
倉敷市を中心に家づくりをする工務店である弊社は、必要以上の性能で価格を吊り上げるのではなく、この地域で快適に暮らせる「適正な性能」をシュミレーションして設計しています。

 

断熱気密処理
では、もう一歩踏み込んで考えてみましょう!まずは「断熱」。
「適正な性能」を実現するため、屋根・壁・床と断熱材を使い分けています。
基礎断熱という方法もある中、敢えて床断熱を採用しています。
工務店によってどちらを採用しているかは様々ですが、建てた家に暮らす人の事を考えている=きちんとした理由がある、ということは工務店を選定する基準になり得る!と、私個人は考えます。
工務店選びの際に質問してみるのはアリですよ。
 
話は逸れましたが、断熱に関してはもう一つ!
どの断熱材を使うかによって性能が変わってくるのは当然ですよね。
では使用している断熱材の性能をきちんと引き出す施工はされているでしょうか?
これは「気密」にも関係することですが、想定外のすき間を無くすことが重要になってきます。
気温や湿度で伸縮する木材を多く使用する木造住宅において、細やかな配慮が必要なのは想像に容易いですよね。
現場で施工する職人さんの意識が高いと「良い家」になるのはこういった部分も深く関係しているように感じます。

 
 

 
 

yuca_shiraga
企画広報
SHIRAGA YUCA
Editor’s Note

 

11/7 (土)が立冬でしたが、暦の上だけではなく朝晩の冷え込みはすっかり厳しくなってきました。
朝の自転車では手袋&スヌードが必須になっている今日この頃です。(そして、マスク効果で眼鏡が通常の3倍曇る!‥気がする。)
体が慣れていないせいか、寒さが堪えます。
寒くなると換気を怠りがちですが「換気」「手洗い」「うがい」を心掛けて、コロナ&インフルエンザを予防しましょう♫
 
さて、寒くなると鍋の出現率が圧倒的に上がるシラガ家。
簡単・美味しい・野菜もたくさん食べられる!と良いことづくしの最強メニューですよね!
先日、新たな発見があったのでシェアしたいと思います。それは「ミンチ肉DE鍋」。
肉団子でもつみれでもなく、ミンチ肉をどーん!と投入する、という画期的な鍋です。
意外と美味しいんですよ!!
ごま豆乳鍋に投入したのですが、少し辛味をたして”坦々風”にしたり”キムチ鍋”にも合いそうでした♫
ミンチ独特の甘味が加わり、火の通りも早く、〆のうどんとの相性もバッチリでした!
母親になって改めて気付く”毎日ご飯を用意する” 大変さ。
手間ぬきメニューで美味しく気楽にこの冬を乗り切りましょう♫