2020.07.17 ネクサス通信 vol.73

今月のラインナップ

 
 

takaonakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
再生可能エネルギーの未来
おうちコラム vol.40

 

弊社の企業理念でもある「全ては住まい手と子供たちの未来のために」。

パリ協定でも規定されたとおり、地球温暖化対策として大きな課題となる二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、再生可能エネルギーの活用はとても重要な項目となります。

そんな中、先日読売新聞に掲載されていた記事をご紹介します。

 

これまでの日本政府は、日本における電力供給にとって原発停止以降「石炭火力発電」は非常に有力な電源と位置付けていました。
しかし、ここへきて日本のエネルギー政策が大きく方向転換する様です。
 
 
現在、日本国内には140基の石炭火力発電所があり、うち1990年前半に作られたCO2排出量の多い”非効率”な114基の発電所を2030年までに段階的に休廃止し、改めて再生可能エネルギーの普及促進を優先するとしています。
 
 
発電所から各家庭や工場等まで電気を届けるために必要な送電網(電柱や電線など)は今現在大手電力会社が保有・運営しており、発電を停止している原子力発電や休廃止する火力発電分の送電容量を優先して再生可能エネルギーの送電網に使えるようルール変更する検討に入ったとされています。
 
 
また、東京電力の子会社(東京電力リニューアブルパワー)が2030年代前半までに北海道や九州、東北地方の沖合に、原発2基~3基分の”洋上風力発電”を計画していたり、新しい取り組みとしては東京大学生産技術研究所により”海洋の波”の力を利用した「波力発電所」の実証実験が行われています。こちらは絶えず発生する波の力を受け、油圧シリンダーに伝えることで発電機を動かす仕組みになっています。
 
洋上風力発電

波力発電

出典読売新聞オンライン
出典:読売新聞オンライン

 
 

やっと動き出そうとしている日本のエネルギー政策ですが、世界の中でも再生可能エネルギー政策の先進国であるドイツをはじめ、欧州では既に再生可能エネルギーを優先する施策が取られており、大きく遅れて重い腰を上げた感が否めません。

 

今回のコロナ禍により世界中で電力需要が大幅に落ち込み、石油や火力・天然ガス他の一次エネルギーの需要が減少したのに対し、再生可能エネルギーの発電量が伸びたという報告があります。
例えば太陽光発電を例にとっても、他の発電施設と違い設置後のランニングコストが低く人為要因を受けにくい事が挙げられると考えます。
今まで進まなかった日本のエネルギー政策は、皮肉にも今回のコロナウイルスによる世界的危機によって大きく前進しようとしています。

 

既に太陽光発電設置による「売電で儲ける」といった発想は過去の遺物。
再生可能エネルギーは、地球温暖化の対策と、化石燃料を使用しない省エネルギーで
「地球に優しいクリーンなエネルギーで暮らすため」に選択するという時代に移行したのだと思います。

 

「全ては住まい手と子供たちの未来のために」、今後さらなる再生可能エネルギーの普及が急がれます。

 
 

 
 

kazukonakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
高校・初試合!

 

とうとう始まった~♪と楽しみしていた高校サッカーですが、コロナ禍の影響で活動中止になって2ヶ月。
やっとやっと6月から学校&部活が開始になり、初めての試合を観に行ってきました!!
 
部員は120名、うち1年生は43名です。
なかなかの大所帯で切磋琢磨しながら、後悔しないようにやり切って欲しいですね!
 
そんな高校初の試合内容は。。。
 

Day.01
初日の緊張と少し体調を崩していたので、その影響も多少あったのか(あったと思いたい 笑)なんとも微妙な動きでした(´-ω-`)
 
Day.02
2日目は、体調も改善してきたのか前日の反省点を修正したのか、なかなかGoodだったようです!
高校生、夢を抱いてキラキラ輝いていて眩しかったです!(*^_^*)

 
 

また、いつ活動自粛になるか分からないし、できる時に思いっきりやって欲しいですね!
私にもそんな風に可能性は無限大と思っていた頃が。
そんな風に思っていた少女の頃の写真をお見せします(^-^)/

 
 

 
 

maiumeda
営業企画
UMEDA MAI
ウニの話 part.2

 

皆さまこんにちは!
先月に宣言した通り、ウニの話をまたしようと思います。(笑)
 
 

まだまだ油断はできませんが、自粛が緩和されてきたということで「備前 海の駅」にウニを探しに行ってきました!
 
ウニいるかなぁ~~と店内をぐるぐる・・・。
おいしそうな魚がいっぱいいる~と思いながらぐるぐる・・・。
 
うん、やっぱりいませんでした!!(笑)
残念(´-ω-`)
備前海の駅

 
帰りに、海の駅の近くで朝市をしていたところがあったので、そこにもあるか見に行きましたが見当たらずで諦めました(^-^;
生きたウニに会える日は、まだまだ遠いようですね(+_+)
しかし、朝6時に起きて魚市場に出かけるというのも、なかなかしないことなので、楽しい思い出になったかなと思いました!(笑)
生きたウニ発見したら、その時はご報告しますね☆
 
それでは、来月は別のお話を!(笑)
熱中症などにお気をつけて、水分補給を忘れずにお過ごしくださいね(´-`*)
 
P.S
小さい頃の写真が上にありますが懐かしいですね(^^♪
この時は運動会の日で、夏バテしちゃって休憩をしていた時に撮られた写真です(笑)

 
 

 
 

WORKS
暮らしをイメージした収納
 
 

収納はたくさん欲しい!新築のプランニングの際には収納をたくさん設けたはず・・なのに足りない!
よく耳にするフレーズですね。取り敢えず、棚だけ作っておいて住みながら収納を整えようか・・。これはまさに私の実体験ですが、住みながらなんて整えられません。未だにっ!涙
さて、今回ご紹介する「暮らしをイメージした収納」はこれから家づくりを始める方にはとても参考になる内容です!
私もやり直したい・・。

 
 

収納1
暮らしを具体的にイメージしたリビング収納。扉の奥の可動棚には、モデムやルーターをはじめHDMIポートを集約し、配線を表に出さずレコーダーやLANケーブルをTVに接続できます。
全て同じ幅の可動棚にするのではなく、高さのあるものも収納可能な形状。しまえるフックも備えて、ちょっと上着をかけたい時にも対応可能。表にモノを置かないことで空間を広く見せます。
収納2
玄関収納。ほぼ壁一面の土間&靴収納を備えつつ、採光も忘れません。自然光がさし込む玄関は家族はもちろん、来客の心もホッと和ませてくれます。シンプルな玄関スペースながらも、棚の工夫で「必要なものはきちんと収納できる。」そんな言葉がピッタリな玄関です。家族で暮らすと物はどうしても増えます。
必要なものが効率的に納められる、「ミニマルな暮らし」を考えた収納です。

 
 

 
 

shiragayuca
企画広報
SHIRAGA YUCA
Editor’s Note

 

WORKSの記事を書いていていると、毎回「もっと早く知っていれば・・」とシラガ家の家づくりを振り返ります。収納は特にっ!笑
そして、大手ハウスメーカーだから信頼できる?とか小さな工務店に出来ることは限られている気がするし、保証は大丈夫なの??とか契約するまで色々と葛藤したなぁ・・と。笑
大きな金額なので慎重になる気持ちは十分理解できます。そして大きな金額だからこそ、つけ込むような商売をする会社もある・・のも事実。
何を基準にしたら満足度の高い会社と出会えるんでしょうかね・・。難しいです。
ちなみにネクサスアーキテクトは顧客満足度は抜群ですよ!!(ココ重要)^^
 
さて「#幼少期の写真バトン」いかがでしたか?先月社長が言っていたとおり、昔の写真を掘り起こしていると、記憶も同時によみがえってきてほっこりした気持ちになりました。
そして我が子の「奇妙な行動」が母親譲りだという新たな事実も発覚。笑
奇行写真はちょっとお見せ出来ないので、数少ないカメラ目線の一枚をチョイス!
こんな時代もあったんですねぇ・・。ははは。ではまた来月号をお楽しみに!