2019.03.12 ネクサス通信 vol.57

今月のラインナップ

 
 

takaonakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
良いモノの届け方
おうちコラム vol.32

 

今回も唐突にはじまりますよ・・(⁻▽⁻)
岡山市北区奉還町で津軽三味線&ピアノレッスンを行う「music studio 櫻根座
展開されている櫻根武之さん・あやかさんご夫妻。

 

常に未来を見据え、精力的に活動の分野を拡げておられるエネルギッシュな岡山出身のアーティスト夫妻で、その活動はレッスンのみならず、音ギフト(生演奏のサプライズプレゼント)やイベントの企画、講座、三味線やピアノ・ギターを駆使したご自身のライブなど多岐に渡っています。
弊社がスタジオ改修をさせて頂いた経緯もあり、公私ともに仲良くさせて頂いている大好きなお二人です♪
友達(あ、私は勝手に友達だと周囲に伝えています(^ ^)ノ)紹介コーナーの様になっていますが然に非ず。本題はここから。

 
 


そんなお二人に先日、『もし興味があったら行きませんか?』とお誘いを頂いたのが「西野亮廣氏(キングコング)の講演会」。なかなか私たちの業界では聴く機会のない人物のお話です。
<プラス変換 作動=>っていうか、友達(言い続けますけど?)からのお誘い!d(^ ^)
<プラス変換 作動=>っていうか、これも私にとって必然の流れ!d(^ ^)
<プラス変換 作動=>聴いてみない手はございませんっ!d(^▽^)
※物事をプラスに変換させたら、きっと倉敷でトップを狙えるレベルです(^ ^)y-゜゜゜

 

ご存知の方もおられると思いますが、キングコングの西野さんは14~15年前から芸人としてテレビへの露出はしていません。
先輩芸人に追い付け追い越せ!と、がむしゃらに頑張ってTVへの出演も徐々に増え、人気を博したお笑い番組のレギュラーも掴み、当時のお笑い界で引く手数多の地位を手に入れた時、やっとの思いで見た景色・・
それは結局「タモリさん、たけしさん、さんまさんの背中」でしか無かった。このままでは、どうやっても越えられない・・。どうにかして超えてみせる!!それから、SNS炎上をプラスに変換しながら絵本作家として道を切り開いていく事になります。

 

私たちの仕事も同じで、同じ土俵で戦っていても棟数・売上・規模のどれを取っても大手ハウスメーカーや地域パワービルダーの背中すら見えません。
言い方を変えると「実績」や「ネームバリュー」といった舞台で勝負を挑んで勝ち目はない、ということ。
だからこそ、地域の小さな工務店・オーダーメイドカンパニーとして、大手企業には不可能であり、私たちが得意とする「その場所にあった熱・風・光をデザインした”暮らし”」を1棟1棟丁寧にお届けすることが必要不可欠なワケです(^ ^)
私たちの取り組みは、住み始めて直ぐに違いを体感していただいています。
ランニングコストや健康寿命を考えれば、さらに10年後、20年後に改めて実感して頂けると確信しています。

 

キングコング西野さんはこう続けます。

『いくら良い物を作っても、最高の作品が出来たとしても、手に取って貰えなかったら、買って貰えなかったら・・僕の作品は無かった物になるんです。西野亮廣は何もやってないことになるんですね。』

 

『どうやったらもっと大勢の人に手にとって読んでもらえるか。宣伝して売れる冊数はある程度まで。だから何で売れないのか、自分自身は何を買わないのか、人はどんな時に物を買おうと思うのかを考えてみたんです。そしたら解ったんです。ここから先はどう届けるか、つまり”届け方”が重要なんです。』

 
私たちは、皆さんにきちんと「私たちの”住まいづくり”」をお伝えできているだろうか・・。
「ネクサスアーキテクト=健康的で快適な暮らしを創る」といった想いをお届け出来ているだろうか・・。
今回の講演は、そんな気付きを得られるいい機会になりました(´∀`*)

 

数万部売れればベストセラーと言われる絵本業界で、異例の38万部を突破している西野さんの絵本。
私たちもキングコング西野さんに負けないよう、
 
「住まい手を幸せにする家とは」
「健康寿命が長くなる家とは」
「安心安全に住まえる家とは」etc..

 
様々な側面から自問自答を繰り返し、進化しながら「良いモノの届け方」を考え、一人でも多くの方々に幸せをお届けできたらと思います(^ ^)ノ

 
 

 
 

kazukonakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
ニューフェイス! 新たな家族を紹介します♪

 

我が家に新しい家族が増えました!!

 

「飼えなくなったので、誰か飼ってもらえませんか??」
という訳で、我が家にトイプードルを迎えました!その名は リリ。長男が名付け親です!

 

男性が苦手なようで、社長や息子たちにはグルグルと唸り声を上げたり・・とにかく威嚇しまくっています。
ところが、私が帰宅するとすぐに「抱っこ♪抱っこ♪♪」とせがみまくり状態o(≧▽≦)o
その仕草が何とも可愛くて、可愛くて、可愛くて・・♡
 
大してお世話もしない私に何故か懐いているリリ。
先住犬のコロン(トイプードル)と一緒に散歩に出掛けるのが日課です。
やはり散歩は楽しいようで、この時だけは散歩担当の長男にシッポを振ってほんの少し甘えてくるのだとか♪
 
いつの日か散歩の時だけじゃなくて子供たちにも懐いて欲しいな(*´▽`*)

 
 

 
 

shiragayuca
企画広報
SHIRAGA YUCA
1/2スケール SE構法ハウス

 

みなさんご存知の無印良品。削ぎ落されたデザインはまさに Simple is BEST! 個人的に大好きです!
そんな無印良品さんが提案する住まいは、シンプルな間取り、大空間、大きな窓が印象的ですよね♫

 

ところで、無印良品の家も「耐震構法SE構法」だって知ってましたか?
私が知ったのは・・ここ1年以内です。驚く私に社長が3言。
「あれ?知らんかったん?」
「じゃあ、大阪行くことがあったらグランフロントの無印良品行ってみ!」
「1/2サイズの無印良品の家が店舗内にあるけん♪」
 
あの日から、いつかこの目で見てみたいと思っていた1/2スケールSE構法ハウス!ついに、チャンス到来!!大阪出張in梅田!!今行かなくて、いつ行く!?

 

幼児のいるお母さんなら共感してもらえると思うのですが「一人で、自分の好きなものを時間を気にせず堪能する」って奇跡に近いですよね!
社長の許可を得て、少し早めに大阪入りさせてもらい・・いざ!グランフロント大阪!
 
ありましたよー!
1/2スケールSE構法ハウス!!
何か小っちゃいけど、めっちゃしっかり作り込まれてます♪テンション上がるーっ!!
中の家具や無印の棚、トイレや洗濯機まで家のサイズに合わせて作られています。
家の中には今回入れませんでしたが、写真は撮ってもOKとのことでしっかり堪能しました!
 
想像力を膨らませるのが得意なので、間取りの図面からでも「そこでの暮らし」が割とイメージ出来るタイプの人間なのですが・・
やはり立体でみる間取りはインパクトが大きかったです!
担当のスタッフさんが近くにいるので、聞きたいこともすぐに聞けて好印象でした♫
 
「暮らしがイメージできる」住まいの提案方法。伝え方。
色々と勉強になります(`・ω・´)ゞ

 
 

 
 

WORKS
SEパッシブ×ZEHの家を組み立てる
 
 

上棟の様子
先月号(vol.56)での地盤改良工事から検査も含めた基礎工事までをご紹介した倉敷市のT様邸。
在来工法の約9.5倍の耐力を叶えるSE金物をはじめ、見えなくなる部分だけれども「住まいを支える重要な基礎」、信頼できる職人さんの施工力を紹介しました。
今月は、快晴の中行われた上棟の様子をご紹介します♫
上棟札_正確な施工
01.上棟札
家の一番高い場所、屋根裏部分へ南向きに設置します。
伝統的な慣例、やはり気が引き締まります!
※東向きに設置する場合もあるそうです。

 

02.正確な施工
SE構法の住まいは構造計算を行い、耐震性を確保しています。
その裏付けとして個体差が少ない構造用集成材といった部材の採用ももちろんですが、こういった現場での正確な施工も重要になってきます。
後日「SE構造検査」が行われ、施工後のチェック体制も万全です!「倒壊ゼロ」も納得ですね♫

上棟
03.息を合わせた施工
上棟の時はたくさんの大工さんが駆けつけてくれます。柱や梁を組み立てていくには協力して施工しないと無理ですもんね!
SE構法の大きな梁、SE金物を差し込むスペースはわずかです。梁を支える職人さんはもちろん、クレーンの操縦者さんとも声を掛け合いながら息を合わせて施工していきます。

 

家づくりを私自身も経験し、仕事として関わるようになって強く感じること。それは「お客様と打合せをする人」「設計する人」「現場で施工する人」が協力しあい同じ意識を持つ=「求める住まい」がカタチになる、ということ。それぞれ得意分野が異なるので、お互いを尊重しつつ、最大限の努力をする!私の役割はそれらをお客様にお伝えすること!多くの人が関わる住まいづくり、伝えたいことが溢れています。

 
 

 
 

Editor’s Note
 
 

春を感じられるポカポカ陽気な日が増えてきましたね!
ちょうど1年前のネクサス通信で3月の別名である「弥生(やよい)」について由来を紹介していましたが、その他にも「桜月(さくらづき)」「季春(きしゅん)」「夢見月(ゆめみつき)」などがあるようです。
夢見月・・個人的にはコレがぴったり。まさに【春眠暁を覚えず】で、春の夜は心地よくてぐっすり・・夜が明けても気付かず、つい寝坊しちゃう・・と。というか、夜が明ける時刻自体が早くなってますよねー!!という言い訳。笑

 

今月の表紙は、弊社が設計・施工したお寺の施設である常住寺さんの「三千佛堂」です。もちろん耐震構法SE構法で建てています!
伝統的な良さを残しつつ、最先端の構造技術や部材を使用した施設。
厳かな雰囲気を持ちつつ、美術館のようなカッコよさ。
詳しくは来月のネクサス通信で紹介していきたいと企画中です。
お楽しみに!