2019.02.14 ネクサス通信 vol.56

今月のラインナップ

 
 

takaonakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
「小さな一歩」は大きな一歩

 

新年のご挨拶から早1ヶ月。
「1月は行く」「2月は逃げる」「3月は去る」とはよく言ったもので、言葉通りあっという間に行ってしまった1月であります(^^;)
そんなこんなで、2019年もあっという間に終わってしまうのでしょうか・・。
 
歳をとると1年が早いと言いますが、年男の今年はイノシシ顔負けの猛スピードで過ぎ去っていくようで何だか怖い・・Σ(゚Д゚ノ;)ノ
歳ばかりとっているようでやっぱり怖い( 艸Д◦;)
 

そんな話は置いておいて、ネクサス通信vol.37(2017.7月号)でもご紹介させていただいた「岡山盛り上げよう会」(通称「おかもり会」)のメンバー4人で、2019年1回目の「おかやまぐらし移住相談会」へ参加させていただきました。
今回の移住相談会は7市3町の参加で開催されました。
(岡山市、津山市、玉野市、総社市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、和気町、美咲町、吉備中央町)
 
東日本大震災の後、現代表と副代表により2013年1月に発足した「おかもり会」が単独で開催していた初期の移住相談会から、約1年後に岡山市と共同開催を始めた当初は1日で300人を超える相談者が来られていました。
当時の相談内容はもちろん”放射能”に関すること。

 

『このまま関東で暮らした時の子供への影響が心配なのでこちらを離れたい。』
『水や食材などへの不安も含め、このまま関東に住んでいて大丈夫だろうか?』
『こちら(関東)を離れて移住した場合、移住先で仕事が見つかるのか心配・・』
『仕事のこともあるんで私は躊躇しているんですが、家内が離婚してでも子供を連れてここを離れると。どうしたら良いんでしょうか・・。』
岡山市移住定住支援協議会
ポスターと会場入口の様子・・会場内に桃太郎が居る!?

 

そんな深刻な状況でありながら、話を聞いてもらう場所も機関もなく、藁もすがる思いで相談に来られた方々に対して、医療人やカウンセラーではない「おかもり会」に出来ること・・それは、地元で働く一企業人・一市民として「今の岡山の就職求人事情や住宅事情」など、自分たちの目で見た岡山をお伝えすること。
その点に注力してきました。
 
東日本大震災から8年の月日が流れ、移住相談会にあしを運んでこられる方々の相談内容も変わってきました。
 

「のんびりと岡山でセカンドライフを送りたい方」
「農業がしたくて田舎暮らしが出来る場所を探している方」
「仕事に行くため街までの移動が便利で、自然が豊富な環境に住みたい方」など様々。

 

相談に来られる方々の背景や事情、内容は変われど、「おかもり会」に出来ることは変わりません。
「地元で働く一企業・一市民として、自分たちの目で見た今の岡山をお伝えすること」
これからも移住相談会だけに留まらず、岡山の発展のために微力ながらでもしっかりと関わり貢献していく事こそが、文字通り私たち「岡山盛り上げよう会」の役目だと考えています。
 
皆さんに、改めてこのようなボランティア団体がある事を思い出していただき、パッシブデザインと同じく、私たち一人ひとりがそれぞれの立場で「出来る範囲で」実践し、環境を変える、地域を盛り上げるための小さな一歩こそがきっと、
 
岡山の未来を、日本の未来を、世界の未来を
 
明るく照らす”大きな一歩”だと、私は信じています(b´v`o)

 
 

 
 

kazukonakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
世界一!!!

 

大坂なおみ選手の全豪オープン、見ましたか??すごかったですねーっ!!
 

全豪オープン??って人はコチラを参考にどうぞ♪

世界最高峰の大会であるグランドスラム(四大大会)のうちの一つで、1月後半にオーストラリアのメルボルンで開催されます。
表面がアスファルトで覆われた「ハードコート」で、クッション性があまりないため足への負担が大きいといった特徴あるようです。
ボールが跳ねやすくスピードも速いため、動体視力やスピードボールへの対応力が必要になるのだとか。
南半球での開催ということで、北半球の選手にとっては「時差」「気候(季節が真逆)」といった点も対応が必要になるため、北半球のヨーロッパなどの上位選手の欠場や予選敗退がよく起こる大会だとも言われてるそうです。

 

サッカーは欠かさず(深夜早朝でも)観ますが、テニスにはさほど興味がなかった私。
錦織圭選手と大坂なおみ選手が活躍し始めてからというものテニスもよく観るようになりました♪
 
試合を見ていて改めて思うこと。
2人に共通することだけど・・大きなプレッシャーの中であれだけの結果が残せるのは、技術は勿論、メンタルが半端じゃない!!!
 
大坂なおみ選手は、全米オープンに続き、全豪オープンも優勝!!
世界最高峰の大会であるグランドスラム(四大大会)のうち、2大会で優勝ですよ!
しかも世界一ランキング一位!!大坂なおみ選手、日本中に感動をありがとう!!

 
 

 
 

shiragayuca
企画広報
SHIRAGA YUCA
インフルエンザとの闘い

 

インフルエンザが全国的にも大流行ですが、私が住んでいる学区の小学校も立て続けに学級閉鎖が出ております。
A型にも2種類あるらしく・・一度インフルエンザA型になった子も
「次は別のA型になってしまった・・」「A型の次にB型になってしまった・・」そんな状況になっているそうです。怖

 

子供に出来る限りの対策を施して何とか感染しないよう必死の私でしたが、親の心子知らず。笑
学校以外の場所からインフルエンザウイルスを見事にもらって帰ってしまいました・・。
 
本当は隔離したいところですが、今まで経験したことのない頭痛に「・・淋しい」「無理」と隔離失敗。
そこで「家族全員マスク着用」と「帰宅時とご飯前の手洗い・うがい」を徹底!
コップやタオルは分ける!
あとは加湿と除菌?スプレーをシュッシュっと。しつこくシュッシュと。
寝具も毎日洗濯・・。(部屋干しするので、超乾燥なシラガ家では加湿にもなって一石二鳥♫)
母の本機を見せてやる!!と家族への感染予防に努めていますが、正直・・母は疲れました。笑
 
予防方法を調べると、色々と出てくると思いますが「正しい手洗い」が一番効果的なのだそうです。
手術前の医師が行っている「手洗い」が一番良いらしいのですが、なかなかそこまで・・。
ポイントを押さえた「手洗い」方法で、続けていきたいところです!
 
マスクの着用や加湿は、喉の粘膜の防御機能低下を防ぐ効果が高いようです。
うがいは、最初は「くちゅくちゅぺ」で口の中の菌やウイルスを排出してから「がらがらぺ」とうがいを行うのが良いのだとか。
それで言うと「歯磨き」もインフル予防効果があるのだそうです。
菌やウイルスの侵入経路の防御力を上げるイメージです!
人の防御機能が正常に働く状態にしておくために「栄養バランスのとれた食事」「十分な睡眠」も重要だそうです。
 
学校生活に復帰する我が子に、次は感染するんじゃないぞ!と毎晩耳元でささやく母でした。笑
 

【参考】
手術前の医師の手洗い

 
1.流水で手や腕に付着している汚れを落とす(15秒以上)
2.ブラシと手指消毒薬で、爪の中まで徹底的に洗う(5分以上)
3.抑菌されたペーパータオルで手をふく
4.乾燥性擦式アルコール製剤で消毒
 

手洗いの注意点

 
1.使用する石鹸はポンプ式などの液体石鹸を使う。
固形石鹸自体に汚れが残っている可能性アリ。
2.清潔なハンカチ・タオルで拭く。ペーパータオルがベスト!
3.手洗い後はアルコール消毒
 
※食事前の手洗い後は、絶対にスマホ・PCは触らない!

 
 

 
 

WORKS
T様邸 *倉敷
 
 

12月号(vol.54)で神式の地鎮祭をご紹介したT様邸。
今月は、上棟までに行われた工程を一部紹介していきたいと思います。
実際に住まいを建てる!となっても、毎日確認しに行ける方は少ないと思うので、こういった見えなくなる部分は新鮮なのではないでしょうか?
個人的に、めっちゃ気になる部分です!

 

地盤改良工事
01:地盤改良工事
地鎮祭の前に行った地盤調査の結果に伴って地盤改良工事を行います。
どんなに地震に強い建物をつくっても、地盤が弱いままでは元も子もないわけで・・。
建物の大きさ・重量と建てる場所の地盤の状態を照らし合わせて、最適な工法で施工します。
鎮め物
02:鎮め物
地鎮祭の時に神主さんからいただいた「鎮め物」という箱型のお守りを住まいの中心付近に埋めるそうです。
実は家の中心にお守りがあるって心強く感じるのは私だけでしょうか?
物理的にも精神的にも安心な住まい!
基礎配筋検査
03:基礎配筋検査
基礎の部分に埋め込まれる鉄筋がきちんと決められた通りに配置されているか、定規を使いながら確認していきます。
全景写真を見たとき「きれいに揃っているなぁ」と感動するのは私だけでしょうか?
柱脚金物検査
04:柱脚金物検査
木造在来工法の約9.5倍の耐力を叶えるSE金物!!
塩害地域における100.8年分の負荷にもほとんど変化なしという検査実績の持ち主です!頼もしいっ!!
配筋検査後、基礎にコンクリートが施工されるのですが・・いつもながらすっごいキレイなんですよ!
インスタグラムで紹介しているので、良かったらご覧ください♫

 
 

 
 

Editor’s Note
 
 

あっという間に2月号ですね。
2/19は二十四節気でいう雨水(うすい)です。立春(2/4)から数えて15日目ごろ、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味らしいです。
草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番が吹くのもこの頃です。しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。
地方によっても様々ですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。
 
自転車でぴゅーんっと幼稚園への送迎をしている私ですが、ある日「あ!水仙!キレイ!」というわが子。ふと道端をみると、確かにそこには水仙の花が咲いていました。
どうして知っているの?と聞いてみると「ばあばと歩いてるときに教えてもらった♪」と。
なんてステキ!!つい時間に追われがちだけど、ゆっくりだからこそ気付けるコトってありますよね。見習いたい!と強く思いました。
社長の言葉通り、猪突猛進になりそうなイノシシ年の2019年・・勢いはそのまま視野を広くゆるりと発信することを心掛けたいものです。