2018.09.11 ネクサス通信 vol.51

今月のラインナップ

 
 

takaonakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
いざ!名古屋に集結!
おうちコラム vol.29

 

「残暑の厳しい日々が続きますが・・」と簡単に申しますが・・・。
もはやこの暑さ、尋常ではございません!(^ ^;)
天気予報では37℃だの38℃だの伝えられてますが、自動車の外気温系などではゆうに40℃オーバーを記録しています・・・(^ ^;)!
気温の高い日には無理をせず、エアコンの活用やこまめな水分補給を心掛けましょう!
 
さて、わたくし去る 8/19(日) ~8/20(月)の2日間、汗の吹き出る酷暑の中を掻い潜り「全国省エネミーティングin名古屋」「1985地域アドバイザー拠点総会」に参加してまいりました。
 
まずは初日の「全国省エネミーティングin名古屋」について。
今年で第8回目を迎えた全国省エネミーティング。
弊社と同じくパッシブデザインに注力し、家庭レベルからの省エネ普及を目的として集まった工務店が、それぞれの地域での活動報告をはじめ、新築やリフォームの実例紹介など、様々な角度から省エネについて考える毎年恒例の大きなイベントなのです!
 
建築の実務者はもちろん、大学の先生や一般の方々まで、興味のある方ならどなたでも参加可能ですので、来年の省エネミーティングには是非皆さんも参加されてみてはいかがでしょうか(^ ^)
きっと沢山のヒントを持って帰っていただけると思います!

 

次に「1985地域アドバイザー拠点総会」とは(^ ^)
弊社も参画している「一般社団法人 Forward to 1985 energy life」という団体があります。
この団体は、大学で環境工学を専門にしておられた先生や住宅建築の実務者らが、現状のままでは枯渇してしまうエネルギーの使い方に危機感を覚え、地球の将来や子供たちの未来のために、建物の在り方や暮らし方という側面から省エネルギーについて真剣に考え、実現しようと活動しています。
 
その中でも特に高い志を持ち、専門的な資格を取り定期的に勉強を続け、地域の方々に省エネの普及および促進を行うことを目的とした工務店が ”地域アドバイザー拠点” として存在します。

 

自慢① 弊社も何を隠そう地域アドバイザー拠点であります!(^ ^)ゞ
自慢② しかも必須資格 ”暮らし省エネマイスター” をスタッフ100%取得です!d(^ ^)

 

そんな全国にある拠点が集まり、実際に建築前に行った温湿度や陽の当たり方などのシミュレーション結果やその実邸にて実測した温湿度データの分析・検証、全国の拠点との情報交換やグループディスカッションなど、内容・密度ともに濃い~濃い~総会なのです(^ ^)
 
初日の全国ミーティング後の懇親会では、「名古屋のアニキ」と私が勝手に呼んでいる(^ ^;)ニケンハウジング(株)の丹波社長とも久しぶりにゆっくりお話することもできたし、この地域ではこの道(パッシブ)で超有名な方々によるハイレベルな”生バンドの演奏”も聴けたし、本当に本当に充実した2日間でした!(^ ^)
 
ネクサスアーキテクトは、これからも皆様の「安全で、あなたに丁度良い快適な暮らし」を守るため、日々学び続けていきますね(^ ^)
 

『すべては住まい手と、子供たちの未来のために』

 
 

 
 

kazukonakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
夏休み終了!

 

長いと思っていた夏休みも、あっという間に終了です。
子供の頃の私は、長い夏休みが嫌いで早く学校が始まればいいのに・・と思っていましたが、我が家の高校生の長男は永遠に夏休みなら良いと思っている様子。
次男は「早く学校が始まれば良いのに」って言ってたけれど、本心かどうかは・・??

 

夏休みと言えば宿題。
長男は宿題があるのかすら
次男は、夏休みに入ってスグにバーっと小物を片付けてしまい、間は遊び倒し、終わりに大物に手こずるのが毎年のパターン。
今年も大物が残りゲンナリしてた所に絵の得意な長男登場!!
「オレが描いてやる!」と珍しく乗り気な長男。

 

アヒルが颯爽と駆けてる絵が仕上がってました☆
完成品を見た瞬間「そんなん持っていけれんわ~」と次男。
「お前、よく考えてみ!特にこれはダメって注意書きがある訳でもないのに、みんな同じように風景画とかだぜ??もっと自由な発想でいいんじゃないのか!?」と熱く語られていました(笑)
 
その言葉に納得したのかは分かりませんが、自分で描く気が無いので、渋々持っていきました!
相変わらずな長男に微笑ましくもあった1件でした。

 
 

 
 

shiragayuca
企画広報
SHIRAGA YUCA
CAMPING in 2018

 

去年は台風に泣かされ、夏のキャンプは断念せざるを得ない結果となりましたが・・
今年は行ってきましたよ!!2泊3日の夏ファミキャンっ!!!
ちょっと(かなり)泥くさいキャンプになったので、行先はオブラートに包みます。
 
毎年行先を選定してくれる、我が家の頼れる男★は標高の高いキャンプ地(標高1,000m以上)が大好きです。(※蚊が居ないから)
しかし、下の子供が意思をはっきりと主張するようになり、長距離ドライブ(4-5h)は無理と判断し、近県で探しました。
良い!!と思ったキャンプ場は、豪雨の影響によりキャンプ場までの道が崩れていて、私たちの希望日程はまだ営業再開しておらず・・
結局、キャンプ中にハイキングも出来そうな所を予約しました。
 
例年は「オートキャンプ」と言って、車のすぐ隣にテントを張ってAC電源があるところを予約するのですが、今年のキャンプ場はオートキャンプできるサイトが無いそうで・・駐車場から荷物を運ばなければなりません。
 

そこで、今年は「アウトドアワゴン」を購入しました!
毎年、少しずつキャンプ用品を買い足しているシラガ家ですが、【キャンプ用品=防災用品】という認識で買い足しております!笑
今回の「アウトドアワゴン」購入の決め手は、友人家族らとBBQに出掛けた際に使用させてもらう機会があり、整備されていない悪路でも女性一人でみんなの荷物を楽に運べたこと、そして何より緊急時に人を乗せて運ぶこともできること、でした。
 
使い勝手は上々♫
荷物は移動させやすいし、地面に置きたくない荷物は積んでおけば良いし、(案の定)子供達の遊び道具にもなりました。
雨に降られ貸切状態な上に夜は獣の鳴き声に怯える‥と言ったキャンプとなってしまいましたが、それはそれで良い思い出かな?っと。
帰り際には家族みんなで川遊びを少々。ちょっとした堰(せき)をつくったり、魚の隠れ家に手を突っ込んでみたりと、自然を満喫した2泊3日でした♫
キャンプ
子供2人乗っています!笑

 
 

 
 

WORKS
お客様の声
SEパッシブで暮らす夏:倉敷市

 
 

ネクサスアーキテクトが自信を持ってお届けする住まい
 
「耐震構法SE構法」×「パッシブデザイン」
 
実際に暮らしはじめたお客様に夏の評価書をお届けすると同時に、住み心地のご意見を伺いにお邪魔させていただきました。

 

まず、最初に感じたことは「キレイに片付いている」こと。引渡し時と比較しても大差ありません!
奥様が「物を置くのがあまり好きではない」とおっしゃっていましたが・・小さなお子様がいるとは思えないほどスッキリしていました!!
ふとした場所に置かれた観葉植物がとてもステキ♫
 
次に私が気になるのは「酷暑」と言われたこの夏の住み心地です。
賃貸に住まわれてた頃はエアコンの設置温度は25℃。
今年は28℃で涼しく過ごせました♫とのこと!
エアコンをONにしている時間も減ったそうです。
ヒートショックが起こりやすい脱衣室との温度差も無かったそうです。(冬場の温度差も聞いてみたいトコロですね!)
2階についても、窓(天窓を含む)を開けていると、風が通るためか31℃でも体感的には涼しく感じるそう。
西日対策のウォールもしっかり機能しているようで「暑~い・・」とは思わないそうです。
2階の熱ごもりなし!羨ましい限りです!(BYシラガ)
 
「温度・湿度」を見る生活はどう?という質問に対しては、活き活きとした表情で答えて下さいました!
気温をすごく意識するようになったそうです。
自分達家族の快適に過ごせる気温の目安ができ、目安が出来たことで工夫をするようになったとのこと。
オススメする前に実践されてましたー!!凄!
 

親戚の方やお友達が遊びに来た際には「建売って聞いてたのに想像と違うー!」「雑誌に載ってる家みたい!!」と驚かれるそうです。
建てる側の仕事をされている方からは「こだわってるね!」「良い材を使ってる!」とお褒めの言葉をいただいているとか。(でしょー!!って叫びたい。)
今回は(株)NCNの大阪支店長である中川さんも同行していたので、さらに詳しいコダワリが浮き彫りとなりました。(角のアールの違いとか超マニアック!しかも壁紙めっちゃキレイに貼ってある・・etc)
仕事柄、建物を見る機会が多い中川さんから見ても、随所にコダワリが織り込まれ、それを実現している職人さんの実力を感じられる住まいだったようです。
夏の評価訪問2

 

ダイニングテーブルと一体になったキッチンは奥様のお墨付き!
トビラで隠せるキッチン収納も使い勝手抜群だそうです♫

 

取材をしていて印象に残った言葉がこちら。
「注文住宅」を選択していたらココまでの家は建てられていないと思う。打ち合わせなどでもっともっと時間がかかっただろうし、ここまでの仕様を自分達が求められたとは思えない。
「SE構法×パッシブデザイン」の考えにも共感でき、安心で快適かつONLY ONEなところが良い。

 

ローコスト住宅や普通の建売と比べてしまうと決して安くはないけれど、内装・外観・外構どれもパッと見から全然違う。実際に暮らしてみて感じた住み心地や機能を考えると価格も納得!
 
「キレイに使おう」と自然に思える住まいです。
 
そう笑顔で答えて下さったY様ご家族。
お言葉通り、キレイにステキな暮らしをゆるりと重ねていらっしゃる印象でした。