2018.06.14 ネクサス通信 vol.48

今月のラインナップ

 
 

takaonakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
改めて思うこと 耐震構法SE構法の家をつくる理由
おうちコラム vol.27

 

わたくし、もう15年余り点鼻薬を手放せない生活を送っております。
そうです、花粉症というヤツです・・・。
この時期は花粉も少なくなり、幾分暮らし易くなりました。
しかし、去年あたりから花粉時期だけじゃなく、どうも慢性的な鼻炎なようで…。
耳鼻科で診療を受けると『点鼻薬は依存性が高く、そのせいで慢性鼻炎になっているので直ぐに使用はやめなさい!』と叱られ・・・。
それからは処方薬を飲みながら我慢!・・と言えたら良いのですが、即効性の高い点鼻薬を手放せないでいる今日この頃です(^^;)

 
さて、先月のGWですが、今年は比較的ゆっくりさせて頂きました(^^)
5月4日に関しては、久しぶりに【全く予定の無い】ことが判明。
 

当日の朝『そうだ、神戸に行こう!』と思い立ち、即行動!
ということで、久々に持病である放浪癖(いい意味で)を発揮してきました(^^)
 
まずは「兵庫県立美術館」へ
ここは日本を代表する建築家・安藤忠雄氏により設計された西日本最大級の規模を誇る美術館です。
建築に携わる者として、デザインやディテールを学びに建物を見学して来ました(^^)

兵庫県立美術館
兵庫県立美術館
次は「人と防災未来センター」。
ここは阪神・淡路大震災の経験と教訓を後世に伝え、防災・減災の大切さを学ぶ防災学習施設です。
あれからもう23年が経ちます。
改めてこの施設に行きたかったのは、この街に住んでいた方たちのあの時の恐怖や悲しみを忘れず、現状を全て当たり前にしないため。
残念ながら建物の安全性は、こういった災害や犠牲になられた方々が居られて成り立っています。
「耐震等級」を謳う昨今の建築基準法は「国が作った基準ではダメだったから新しく作り直す」
それを繰り返してできたもの。
人と防災未来センター
人と防災未来センター
阪神淡路大震災や熊本地震の様な大災害が起こった際に、今の基準で作られた建物が倒壊したら、その時はまた基準が改正されるのです。
 
私たち工務店の責任は、災害時に建物が凶器とならないよう、今現在考えられる最高水準の強さを持つ建物を作ること。
家族が幸せで安全に暮らすために、最低限の基準を定めた建築基準法をギリギリクリアするだけの建物は作らない!
そんなプライドを持って家づくりに関わっていくことだと思います。

展示写真
阪神・淡路大震災の当時を伝える数々の展示写真

 

阪神淡路大震災の教訓から生まれた「耐震構法SE構法」。
その後の大きな地震(新潟中越地震、福岡県西方沖地震、東日本大震災、熊本地震)を経験しましたが、倒壊ゼロ(構造的な被害もなし)の実績が安全性を実証しています。
今回の放浪(?)で改めて、地震大国日本で「耐震構法SE構法」の家をつくっていくことの重要性を強く感じました。
 
その後はJR快速で姫路まで移動し、知らないうちに出来ていた駅舎の展望台から姫路城を望み、写真をパシャリ。
そこから、姫路城のすぐ側にある「イーグレひめじ」の屋上庭園へ行くも既に閉店・・・。
 
結局、駅前まで戻り近くの居酒屋で一人飲みを堪能し、半日強を存分に楽しんで帰路に着きました。
 
もう一つ改めて思うこと・・・
私にはやはり放浪癖があるようです(悪い意味で)。(^^;)


姫路駅舎の展望台

展望台から姫路城。白鷺城とも呼ばれる抜群の美しさ

 
 

 
 

kazukonakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
サッカーワールドカップ

 

サッカーワールドカップ ロシア大会
 
とうとう4年に1度のワールドカップが始まりますね!
楽しみで楽しみで楽しみで・・仕方ないです(((o(*゚▽゚*)o)))
 
ヴィッセル神戸に加入の噂のあるイニエスタもスペイン代表に選ばれていましたね!
イニエスタがヴィッセル神戸に加入したら、絶対試合を見に行きたい!!
絶対に観客動員アップ間違いなし!ですね。
イニエスタをご存知ない方はこちらを参考に★
 
イニエスタのヴィッセル神戸の加入とは・・
「少年野球に大谷翔平加入」
「担当のヤクルトレディがガッキー」
「ビルゲイツやジョブズが自分の部下に来た」
「三年契約で石原さとみが嫁になる」
「小学校の警備員として吉田沙保里が来る」
※ネット上での声

 

こんなにサッカーが好きになったのはいつ頃かなぁ?と考えてみました。
結婚当初は、旦那さんに付き合ってTVで観る事はあってもルールはほぼ知らず。。ポーンと蹴ってゴールする位のイメージでした(笑)
ところが、子供がサッカーをし始めてから目覚めました。なんて奥の深い、なんて頭を使うスポーツなの!!って(笑)

 

それからは好きなスポーツは?と聞かれたらサッカー!
即答しちゃいます!

寝不足になるだろうけど応援します!
頑張れ日本!!

日本の対戦スケジュール
グループH

 
6/19 21:00~対コロンビア
6/25 0:00~対セネガル
6/28 23:00~対ポーランド

 
 

 
 

shiragayuca
企画広報
SHIRAGA YUCA
木の性質

 

先月号(ネクサス通信vol.47)でご紹介した「一升瓶に矢」
どうやって矢を通したのか?その答えがコチラ↓

木材は木目(柾目:まさめ)に対して横方向に力を加えると絡みやすい性質があります。
そこで、まず矢の頭部分を胴と同じ太さまでつぶし、穴を貫通させたあと、スチームアイロンをあてて元に戻す、という仕組みです。
木の性質を利用したトリックでした。

 

答えの文章を読んでも、イマイチ想像出来なかったので・・社長に聞きました。
分かりやすい言葉で説明されてようやく納得!その流れで「木の性質」に関する興味深い話が出たのでご紹介します。
 
紹介したトリックからも分かるように、木は伸縮します。
無垢の床にモノを落として出来た凹みもスチームアイロンで元に戻せるそうですよ!!
知らなかったー!!(自然素材=元に戻せる訳がない)と完全に思ってました。
まずは目立たない場所で試してみよう♫
また、昔からの大工さんは当然のように木の元(根っこ側)と末(先の方)を見極めながら建物を作ってたそうです。
何故か?それは元側と末側では強度が異なるからです。
薪割りをしていると実感するのですが、元側からの方が断然割りやすいんです。
 
プレカットされた木材を使用する場合、そのあたりは考慮されているのか?見極めながら家を建ててくれる職人さんがどれほど居るのか。
出来上がった見た目に大差は無いとしても、家の安全性でみると大きな差になってしまいそうです。ちょっとゾクっとします・・。
 
このように木の性質を考慮するかしないかによっても強度が異なる上に、自然素材である無垢材では強度にばらつきがあるので、従来の木造住宅で構造計算をしてもあまり意味がなかったそうです。
しかし、耐震構法SE構法では一定の強度が保たれる集成材を使用することで、構造計算を可能にしています。
ちなみに集成材の強度は、無垢材の約1.6倍だそうです。集成材、あなどれないです・・☆
 
木と長年向き合っている人と話をすると、色んな発見があって面白いです!また何かあれば紹介したいと思います♫

 
 

 
 

WORKS
H様邸 *倉敷
パッシブデザインの視点でH様邸の増築工事をご紹介します。
 
 

ウィンドキャッチャー_昼光利用
01:自然風利用(ウィンドキャッチャー)
左側の窓の一部が縦すべり窓になっています。
縦すべり窓はウィンドキャッチャーとも呼ばれ、積極的に風を取り込むことが出来る窓です。
今回は増築工事ということで、既存の間取り・増築部の位置関係・風向きを考慮しながらウィンドキャッチャーを選定し、風の通り道をデザインしています。
縦すべり窓のすぐ隣にはFIX窓(開閉できない窓)を設置しました。
異なる仕様の窓が一体になっているのを〈連窓〉と言います。
外からの見た目も連窓だとスッキリしていますね!
右側の窓は横滑り窓になっています。
通風を考える時に大切なのは、入口と出口を確保すること。
そうすることで自然と空気は流れてくれます♪
昼光利用
01&02:昼光利用
01の窓はいずれも高い位置に設置しました。
これはお手持ちのアンティーク整理タンスを置く予定ということもありますが、採光という点も考慮しています。
写真の天井部分に注目して下さい。
白い天井が間接照明のように照らされています。
このように天井部分が照らされると部屋全体が明るくなるんです♪
同じ大きさの窓でも、配置する高さによって部屋の明るさは変わってきます!
 
02の縦長のFIX窓が床の間のアクセントウォールをやさしい自然光で引き立てています。
縦長にすることで、アクセントウォール全体がキレイに照らされていますね。
朝昼夕と陽光に合わせて変化する床の間、趣があってステキです♪
LED照明
03:LED照明
LEDダウンライトを採用しています。
木枠のついた和風のデザインでSimple is best!
ペンダントライトではなく、敢えてダウンライトにしたことで自然と床の間に視線がいきます♪
夜間の照明については用途や好みによって意見が分かれるところなので、施主さまとしっかり打ち合わせが必要ですが、H様邸では落ち着いた明るさとなりました。
 

その他:断熱(現場発泡吹付け硬質ウレタンフォーム)
快適空間の土台となるっと言っても過言ではない断熱!
増築部の屋根に160㎜、壁に100㎜の吹付け硬質ウレタンフォームを施工し、増築部の断熱性能を確保しています。
単に断熱性能だけを上げるだけでは1年中快適な空間になるとは限りません。
保温性能が高まることによって夏の〈熱ごもり〉が発生するからです。
そのために、自然風利用や日射遮へいの併せ技が必要になってくるのですが・・その話はまた!(長くなるので・・笑)

 
 

 
 

Editor’s Note
 
 

毎度のことなのですが、施工事例でお伝えしたいことが溢れすぎて・・今月はとうとうこんな状態に。笑
パッシブデザインの住まいは「どこに建てるか」「どんな生活スタイルの人が暮らすか」で答えが変わってきます。
奥が深い・・けれど根拠が明示出来る!そんな家づくりがあるんです!それが少しでも伝われば良いなーっと♫
空気の流れを作り出す考え方(入口と出口の確保)は、これからの時期の湿気対策として押入などにも活用出来ますよ!