2018.03.12 ネクサス通信 vol.45

今月のラインナップ

 
 

takaonakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
”良い土地”とは・・?
おうちコラム vol.26

 

まだまだ寒さを感じる日は多いですが、日が長くなるにつれて(当然ですが)少しずつ太陽高度が高くなってきましたね(^_^)
昼光利用や太陽熱利用(パッシブデザイン)について日ごろから考えるようになり、陽の当たり方の変化がやたらと気になるようになってしまいました(^^ゞ

 

さて、この「陽の当たり方」を大きく左右するのが”お家を取り巻く環境”です。

・南側に背の高い建物がない
・南側道路である
・平坦地である
・住宅はあるが道路を挟んで離れている
・土地の向きは南向き
etc..

 

陽当たりの良い土地の条件としてよく挙げられる内容ですね。
良く見ると、一般的に言われている「条件の良い土地」の要素の1つと同じなんです(^^)
 
もちろん良いに越したことはありません(^O^)
しかし、こういった条件を挙げていくと正直キリがないですよね・・。
 
そもそもそんな素晴らしい土地はありません!!
しかもお得に
だなんて・・・(^◇^;)

 

そこで大切になるのが”優先順位をつける”ということ!
まずは「良いな」と思う土地の要素をすべて書き出すことをおススメします。
その中から、これからの住まい続ける場所を選ぶ上で、絶対に譲れないものは何か?2番目は?3番目は?

 

といったふうに、ご夫婦・ご家族でどうしても譲れない条件から優先順位を付けていくことが大切なんですね(^^)
つまり、そこで出てきた答えが”あなたにとって良い土地”なわけです(^^)v
決して「一般的に」や「よその家族」、ましてや『不動産屋さん』の言う良い土地があなたにとって良い土地とは限らない!ということです^^

 

また、先ほどの「条件の良い土地」で出てきた「南向きで~四角い土地で」は果たしてそこまで重要でしょうか?
これって実は、陽の入る位置に窓を配置するなど建物の設計でクリア出来ることが多々あります♫
ここで力を発揮するのがパッシブデザインなんです!

 

皆さんももう覚えて下さっていると思いますが・・・σ(^_^;)

 

パッシブデザインとは
 
建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギーを最大限に活用・調節できるようにし、高い質の住環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計とその実際的手法

 

要するに、その場所に最大限合わせて高い室内環境を得ようとする設計こそパッシブデザインが得意とするところ!

 

家づくりにパッシブデザインを取り入れる
=大手のハウスメーカーさんなどの規格住宅では出来ない土地に沿った住まいづくりが可能
=土地選びの条件が緩和される(優先順位が変わってくる)
=土地の予算を、家にまわせる!
=思い描いた住まいを手に入れられる♪

 

”良い土地”かどうかは、立地だけでなく住まいづくりで変わるといっても過言ではないのです♫
こういう視点を持って土地を探してみると、満足度の高い住まい・暮らしにつながる気がしませんか?(^^)v

 
 

 
 

shiragayuca
企画広報
SHIRAGA YUCA
お客様の声

 

先月中旬に「最後の体感会」を開催したFUNAOモデル、足を運んで下さった皆さま本当にありがとうございました!
 
お客様から嬉しいお声をいただきましたので紹介させていただきます♫
 

お客様の声
BELS

FUNAOモデルはBELS(ベルス)と呼ばれる建築物省エネルギー性能表示制度で最高等級の5つ星を取得しました!
国が定めた省エネ基準よりも更に25%エネルギー削減が出来てますよーってことなんです♪

 
 

 
 

kazukonakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
サクラサク

 

少しずつ寒さも和らいで、暖かい日も増えてきてましたね!
春が近づいているのを実感します!
そして、春と言えば・・4月から長男が高校生になります!(^^)!
 

我が家の長男は誰に似たのかマイペースな自由人(‘_’)
中学生になった頃から「提出物は出さないとだめだよ!」「遅刻しないようにしなきゃだめだよ!」とシツコイくらい言ってきたはずなのに、遅刻が驚くほど多い・・・。
部活動の朝練に行ってるのに・・遅刻??
なぜ?WHY??

 

どうやら、部活動の朝練後、始業時間までに着席できず遅刻扱いになっていたらしいです( ;∀;)
この遅刻の多さじゃ調査書(内申書)は期待できないし、県立高校への特別入学は厳しいかな・・と内心思っていました。

 

がっ!!なんと特別入試で一足先に合格内定をもらえました!!
長男曰く、面接と口頭試問が神がかっていたそうです(笑)
 
合格通知をもらった時に、思い出したことが一つ、長男が年始に引いたおみくじが大吉!!
そして、そこには「労せずして幸運を手に入れる」の言葉が・・!!
おみくじって、意外と当たるのかも(^^♪
 
因みに、私も大吉でした!良い年になるといいな( ◠‿◠ )

 
 

 
 

WORKS
N様邸 *玉島
 
 

可動ルーバー雨戸を設置
先月のネクサス通信vol.44で耐震改修工事の紹介をさせていただいたN様邸。
パッシブ的な改修も行いましたので、ご紹介します😊
 
01:可動ルーバー雨戸を設置!
最近では雨戸の無い家も多くなっているようですが、この雨戸は上部がブラインドのように開閉できるようになっていて、角度を調節することで雨戸を閉めたまま通風・採光が可能なんです。
さらに目隠しや日射遮へいも出来る!優れモノ!!
外付けブラインド_FUNAOモデル
02:外付けブラインド(FUNAOモデル)※参考写真
夏の日除け(日射遮へい)は外でしよう♪
N様邸の雨戸も外で日除けしてくれます!
可動部_上部_CLOSE
03:可動部(上部)CLOSE
可動部を閉めると、従来の雨戸と同様しっかりと雨風を防いでくれそうです。
この雨戸は上下2か所に錠があり、固定部(下部分)を設けることで外部から錠に手が届きにくくなっているそうです。
可動部_OPEN
04:可動部 OPEN!
これは・・雨戸イイ!って思わず言いたくなりました。カッコイイ♪
関東在住の友人の話では、普段から雨戸を活用するのが当たり前だそうです。
夜間だけでなく夏の暑さ対策としても活用してるのだとか、雨戸って強風雨対策だけじゃないんですね♪

 
 

 
 

Editor’s Note
 
 

3月の別名、弥生(やよい)は「弥=いよいよ」「生=生き茂る」という意味があり、草木がいよいよ生い茂る季節だそうです。
その名の通り、寒さの和らぎを感じられる日が増え、固く閉じていた蕾も少しずつ膨らんできているのを見かけるようになりました。
もうすぐ春ですね♫太陽が真東から昇って真西に沈む春分の日(3/21)でほぼ昼と夜が同じ長さになります。
これからはどんどん陽がながくなりますね!
サクラサクの記事のように志望した進路に進む人・残念ながら意図せぬ進路に進む人、様々だと思います。
でも一番大切なのは、そこで「何をするか」だと強く感じています。
目的意識をもって取り組んでいると、思いがけないところで自分にとって特別になる「何か」と出会うこともありますよね!
オトナになって強く感じるこの思いを、子供達にうまく伝えていけたらいいなぁと思う、今日この頃です😊

 

さて、ご好評いただいていたFUNAOモデルに嬉しいお知らせが続いて届きました。
ご来場いただいたお客様からお手紙をいただいたことから始まって、BELSの5つ星(最高等級)取得、そして・・NWSE(networkSE)という雑誌に掲載されることに!!
耐震構法SE構法の供給元であるNCNが発行している雑誌でして・・
つまり全国にあるSE構法の建物の中でも、供給元が紹介して良いレベルの出来栄えってことです!(よね?)
NWSEがこれまたカッコイイんですっ!
写真も記事もレイアウトも♡♡
取材当日、ド緊張で無口になる私でした・・。
写真だけはひたすら撮りましたよー!
取材中の雑誌もとても興味深いものでした。
詳しくは今後のネクサス通信やホームページで紹介しようと企画中です♪お楽しみ!