2017.01.16 ネクサス通信vol.35

今月のラインナップ

 
 

takao_nakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
エコリフォームがお得②

 

先月号でお伝えしました住宅ストック循環支援事業。
今回は、良質な既存住宅の購入住宅のエコリフォームエコ住宅への建替えとある中の住宅のエコリフォームについて概要だけ挙げていきたいと思います。(^^)
 
エコリフォームと言うだけあって、断熱性や節水設備の改修がメインになります。
また、改修の内容によって補助額が決められていて、補助額の合計が50,000円以上の改修が必要となります。
 
例えば、大きな窓の交換は20,000円。小さい窓なら8,000円。
断熱材を決められた種類と量の使用で18,000円~120,000円。(使用箇所によって異なります)
節水型トイレの交換なら24,000円。節湯水栓の交換なら3,000円。といった感じ。
 
他にも色々あるんですが、この合計が50,000円以上あれば補助金の申請が可能です。
 
ただし条件があって、次の要件をすべて満たすリフォーム工事が対象になります!
①自らの居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
②エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
③補正予算成立日と事業者登録した日のいずれか遅い日以降に、工事着手すること

 
また、②の耐震性については・・・
※次のいずれかの書面により確認
イ)建築確認がなされた日付が昭和56年6月1日以降の建築確認済証等
ロ)表示登記がなされた日付が昭和58年4月1日以降である登記事項証明書
ハ)建築士が耐震性を有することを確認した、所得税等の証明書又は本制度独自の証明書
 
つまり、旧耐震と呼ばれる昭和56年5月31日以前に建てられた住宅は対象外という事に・・・。
色々と条件はありますが、対象になれば現金で支給される今回の支援事業。
予算にも限りがありますので、申請すれば100%交付されるとは限りませんが、この機会にお早めに検討されてみてはいかがでしょうか(^^)/

 
 

 
 

keizo_yabe
工務
YABE KEIZO
最上稲荷

 

毎年仕事始めの日に、私と社長とで、最上稲荷へ参拝して、本殿でご祈祷をしてもらいます。
今年も1月6日に最上稲荷へ行きました。( ̄▽ ̄)ゞ
10人ほどの住職さんが一斉に唱えるお経と、大きな太鼓の音にいつも身が引き締まります。
ただ今、後厄真っ最中の私は、よーくお祈りしました。
最上稲荷

 
ところで、最上稲荷と言えば日本三大稲荷として有名ですが、他2つはどこ?稲荷って何?
実際のところ詳しく知りませんでした。
なので少し最上稲荷について調べてみました。(゜▽^*)

 
最上稲荷は正式名称、最上稲荷山妙教寺といい、所在地が岡山市高松地区であることから高松稲荷と呼ばれる日蓮宗のお寺です。
最上稲荷は明治時代の神仏分離令からまぬがれ、神仏習合の祭祀形式が残る、仏教の流れを汲む貴重な稲荷です。
そのため寺院でありながら鳥居や大注連縄もあり本殿も神宮形式です。
参拝方法も日蓮宗のお寺のため、静かに合掌し「南妙法蓮華経」とお唱えするのが正式な作法だそうです。(・o・)
 
ご本尊の『最上位経王大菩薩』は白狐に乗る天女の姿をしていて、神仏習合の考えから、日本古来の神『稲荷神』と同一とされ、江戸時代初期に稲荷山妙教寺となりました。
そして、日本三大稲荷は他に、京都の伏見稲荷大社、愛知県の豊川稲荷、佐賀県の祐徳稲荷、茨城県の笠間稲荷などなど他にも自ら三大稲荷と唱えている所もあります。
あれ?三大って3つじゃない?どういうこと?( ̄Д ̄;)
 
稲荷神社の総本宮である伏見稲荷大社は「三大稲荷は地域により異なる」としています。
日本人は日本三景とか日本三名園など『三大〇〇』とかが好きですからね~。(* ̄▽ ̄*)
また、稲荷という字ももともと稲生り(いななり)だったそうです。
そして稲荷神は元々は農業神でした。
 
は穀物を食い荒らすネズミを捕食すること、狐の色や尻尾の形が実った稲穂に似ていることや、伏見稲荷がまつっている五穀をつかさどる倉稲魂神の別名、御食津神(みけつかみ)を三狐神(みけつかみ)と結びつけた事で、狐が稲荷神の使いとして、信じられてきました。
他にも、古くから神道において、その神と関係する動物などが、神使(神の使い)としてまつられ、太宰府天満宮の牛や諏訪神社の白蛇なども神使としてまつられるようになりました。
また神使はその神社の境内で飼われるようにもなりました。
奈良公園に鹿が沢山いるのも、鹿が春日大社の神使だからなんですね。(´∀`)

 
 

 
 

kazuko_nakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
初めての吉本新喜劇!!

 

明けましておめでとうございます!!
皆さんはどんなお正月を過ごされましたか??
我が家は年末に吉本新喜劇を観に大阪に家族4人で行ってきました。
知っている芸人さんもいれば知らない芸人さんもいましたが、皆さん特徴があって面白かったです!!
 
桂文珍さんの現代落語では、子供たちもこのおじさん面白いなぁと。
私たち世代では知ってて当たり前の人なのに、子供たちが知らない事に驚きました!!
そして、最後はいつもTVで観ている吉本新喜劇を生で観てきました。
笑いあり感動ありで、こちらも楽しませてもらいました(^^)/
 

思春期真っ只中の子供たち二人も大声で笑って、ほっこりした時間でした(#^^#)
サッカーを始めてから週末は、試合試合で家族で出掛けることも無かったので、久しぶりにサッカー以外の時間を共有でき新鮮でした!!
また機会があれば行きたいです(^^♪
次回行く機会があれば、ご当地の美味しいものを食べたいです!!
(子供たちは肉肉!!と結局焼き肉を食べました( ;∀;))

 
 

 
 

WORKS
玉島N様邸 屋根改修工事
 
 

屋根のブリキ部分と庇の老朽化のため、改修工事をさせて頂きました。
傷んでいる板金と下地は撤去し、一部は下地からやり替えました。
屋根の上は普段なかなか目の届きにくい所で、雨漏りして、天井にシミができると、ようやく気付くという方がほとんどです。
放っておくと、下地だけでなく構造材まで傷んできます。
屋根改修工事

 

雨漏りの多い場所は・・・
■陸屋根(平らな屋根)や複雑な形の屋根
■ベランダ部分
■増築部分との取り合いの谷や樋のまわり
■サッシや庇のきわ
■天窓や煙突、ソーラーパネル
■勾配の緩いトタン屋根
 
などなど。
気になる方は早めの点検をお勧めします。(* ゜▽゜)
屋根改修工事2

 
 

 
 

新年のご挨拶
 
 

新年あいさつ