2016.05.23 ネクサス通信vol.27

今月のラインナップ

 
 

takao_nakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
ZEHについて
おうちコラム vol.13

 

今回はZEH(ゼッチ)についてのお話し。
ZEHとはゼロエネルギーハウスの略です。
今回も聞き慣れない言葉ですね^^
 
これは国が発表した『エネルギー基本計画』に基づいたもので、簡単に言うと『暮らしの中で使うエネルギーと、我が家で創りだすエネルギーが差し引きゼロになる家』という事。
つまり、断熱性能を高めて、省エネ性能の高い住宅設備(照明や給湯器、エアコン等)を設置して、暮らしで必要な電力量を小さくし、太陽光発電等でその必要量を創り出す家を創ろうというものなんです。
 
また、このゼロエネルギーハウスは2020年までに標準化されます。
これからの家づくりは、窓や壁を出入りする熱や設備の性能を踏まえて計算により数値化し、基準の数値以下になるようにコントロールしながら創っていくことになるわけですね。
 
またこのZEHには大きく分けて2つの方法があります。
『高性能の設備を機械でコントロールする方法』と、前回お話しした『パッシブデザインを基に設備は補助的に考える方法』
ハウスメーカーはほぼ前者ですが、私たちは自然を感じて暮らせる様なパッシブデザインを基に考える家づくりが必要だと考えています。
皆さんならどちらを選びますか?^_^

 
 

 
 

kazuko_nakatou
経理
NAKATOU KAZUKO
花粉症その2

 

前回、花粉症の対策について書きましたが、今回は、その第2弾です。
ここ数年、GWシーズンになると何だかスッキリしない。
目が痒くて堪らなくなる訳でもなく、鼻水がとめどもなく出る訳でもない、でもスッキリしない体調に気分もブルーになっていました。(-_-;)
眠気に耐えてまで抗アレルギー薬を服用する程でもないし、と。
 
そして、そのスッキリしない体調になった頃から、原因不明の皮膚症状にも悩まれていました。
目や鼻よりも、この皮膚症状の方が悩みの種だったので、何件か病院を受診しました。
言われたのは、化粧品かぶれかな?と。
塗り薬をもらっても治る気配もなく。
もう若い頃とは体質が違うんだと諦めてました。
 
先日、知人に行った事のない皮膚科を教えてもらい受診しました。
診断結果は、花粉症皮膚炎でした。
残念ながら完治する事はないらしいですが、診断がついて症状にあった薬があるってだけでも晴れやかな気分。
眠気の軽い内服薬と調合されてる塗り薬をもらいました。
一週間したらきれいになるよ~って言われたので楽しみです!!(*^^*)
今年からは、これで乗り切れるかな?

 
 

 
 

keizo_yabe
工務
YABE KEIZO
ゴールデンウィーク

 

ゴールデンウィークに家族で山口に遊びに行きました。
山口に遊びに行くのは久しぶりで、とても楽しみです。(o^-^)o
山口といっても、とても広く観光地沢山あります。
錦帯橋や秋吉台などなど。
今回は萩のほうへ行くことにしたんですが・・・。
出発した5/3は台風並みの暴風雨。Σ( ̄□ ̄;)!!
途中寄った津和野(島根県)では、差していた傘が折れるほどの強風。
まともに観光することもできません。(T□T)
 

この日は諦めて宿のある萩に早めに着いて、萩で観光と思っていたんですが、そんなに甘くありません。
萩もやっぱり暴風雨です。
ついてないな~。
ようやく雨が止んだのは夕方。
宿の近くに萩城跡があったので、唯一観光出来ました。

 

前日を取り戻すため、次の日は早めに出発!
この日の行先は初の角島。(*^-^)
角島は山口の北西端にある島で2000年に1780mの角島大橋が架けられました。
 
宿を出て1時間半ぐらいで角島到着!
同じ中国地方の海とは思えない海の青さにビックリします。
島までは渋滞も無く順調にきてたんですが、橋を見るための展望台は渋滞中。
やっぱりライダーが沢山来てましたね。
この橋を渡って、島の西にある角島灯台まで最高のドライブコースです。

 
でも、日本には、もっとすごい橋があるんです。
2015年1月に開通したばかりの沖縄県の宮古島と伊良部島とを結ぶ伊良部大橋です。
全長3,540mと角島大橋の2倍、通行料金がいらない橋では日本最長です。
そして、その長さもそうですが、そのロケーション。
さすが宮古島!
 
しかも宮古島には他にも池間島とを結ぶ池間大橋、来間島とを結ぶ来間大橋とどれも絶景ドライブコースです。
いつかは行ってみたいですね。(´∀`)
旅行で買った萩焼の器にサラダを盛って、お土産のみかんのドレッシングをかけて食べるのが、我が家の流行です。(*^▽^*)ゞ

 
 

 
 

takao_nakatou
代表取締役
NAKATOU TAKAO
現役復帰

 

先日、15年ぶりに現役復帰することとなりました。
何をって?
はい、サッカーです。^^;
私は今、玉島フットボールクラブ(玉島FC)のゴールキーパーコーチをしていまして、子供の指導をしながらずっと思っていたことがありました。
 
それは、すぐ傍で「目で学ばせてやりたい」ということ。
失敗事例も成功事例も、口で伝えるのには限界があります。
そう思っていたら、また上手い具合に動き出すもので、今度は現役復帰の話が舞い込んでくるんですね。
年齢的にも40歳以上のカテゴリーになるんですが、一緒に玉島FCでスタッフをしているK君が、『今ゴールキーパーいないんで一緒にやろう!』と。
 
じゃあ、まずは忘年会にということで12月下旬に皆さんと初顔合わせ。
そこで改めてメンバーの経歴を聞いて愕然、というか興奮!
十年ほど前まで、岡山県のトップチームで活躍していた人ばかり・・。
当時は絶対絡むことのなかったレベルの選手たちと、同じピッチでサッカーが出来るというチャンスに、体重を落とす事に成功していた私は(^^ゞ、気負いどころか『やりてぇーーーー!』と興奮してしまいました(^^;)
 

そうして訪れた初試合。
・・しかしブランクと運動不足は正直でして、正にピッチに居るだけ。
何にも出来なかったどころか、居たの?!って感じで・・。(+o+)
でも不思議と、やっぱり無理だとは思わないんですよね。
どうにかしてチームに貢献して、皆をビックリさせてやりたいと思うんです(^^)
思いは叶う、やれば出来ると信じてますんで!

 
 

 
 
シラスそとん壁って何?
 

シラスとは、2万5千年前、現在の鹿児島湾北部を火口とする姶良カルデラの大噴火によって発生した火砕流が堆積した火山噴出物で、漆喰・珪藻土と並ぶ自然素材で出来た内外装壁材として利用される様になったのは、約10年前です。
シラスの多孔質構造により、下地面及び壁内に滞留する湿気を逃したり、壁体内結露の発生を抑え、長期にわたり建物を良好なコンディションに保ちつづけます。
もちろん、電気などを使わないので、エアコンや加湿器のような急激な変化はありませんが、それらの機器の電力消費を小さくし、省エネに役立つという視点では大きな貢献をします。
その他にも、優れた消臭機能や吸音性・抗菌性・防火性などなど。
自然素材ならではの温かみのある素材感とその風合いが、心地よい空間をつくりだしてくれます。

 
 

 
 

WORKS
倉敷市N様邸 トイレ改修工事
 
 

トイレの改修工事をさせて頂きました。
和式トイレから洋式トイレに、それに合わせて、床もタイルからクッションフロアーになりました。
 
工事内容
1日目:床タイル解体→便器撤去→配管やり替え→床下地→腰壁張り
2日目:床クッションフロアー貼り→便器取り付け→掃除→完成!
 
今回の工事のように、トイレが2階だったリタイルの下の床の状況などにより、工事内容や工期が変わります。
素敵なトイレになりましたね(^-^*)

 

トイレ改修工事before
トイレ改修工事after

 
 

 
 

WORKS
岡山市南区W様邸 新築工事
 
 

まだまだ南区の現場も頑張っています。(◦▽◦*)
大工さんが外部周りの作業をしている中、室内では、ユニットバスの設置や電気の配線、水道の配管など、どんどん工事が進んでいます。
外壁はシラスそとん壁という材料を左官さんが塗るので、その前に下地の板を打っていきます。
外の作業って天気に左右されます。
晴れれば外、雨が降れば中の仕事。

 

W様邸新築工事
W様邸新築工事2
急な雨なら濡れることも。( ̄□ ̄;)
ゴールデンウィークも終わる頃、大工さんの外の仕事はようやく終わり、これから中の仕事に取りかかっていきます。
外部は木工事の後、塗装・左官仕事と続きます。(^-^)
W様邸新築工事3